色々鑑賞録
古い映画やドラマのあらすじを紹介してます
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

万引きGメン・二階堂雪5 嫉妬
木の実ナナ主演の2時間サスペンス。
画家の変死体が発見され、その弟子の絵本作家に殺人容疑が降り掛かる。
絵本作家の潔白を信じる主人公が、周辺人物からどうやって真犯人を探し当てるのかというお話。
宮崎美子演じる絵本作家がLD(学習障害)という設定が興味深い。
高橋ひとみ演じるお受験ママと娘の葛藤も上手く描かれている。
齋藤珠緒の脚本は、題材の取り方や人物描写が親しみやすくて感情移入がし易い。
ただ、殺人事件そのものは強引かつ類型的な面が否めない。

vlcsnap-2013-08-23-17h38m30s232.jpg

BS-TBS
TBS-ch
月曜ドラマスペシャル
テレビドラマデータベース

<番組データ>
脚本:齋藤珠緒
初回放送:2000年7月24日
番組名:TBS「月曜ドラマスペシャル」

<出演>
vlcsnap-2013-08-23-18h27m50s132.jpg
二階堂雪:木の実ナナ

vlcsnap-2013-08-23-17h39m15s134.jpg
左から
和田店長:ルー大柴、あき竹城、加藤明美:村上聡美

vlcsnap-2013-08-23-17h40m01s102.jpg
桐野真帆:宮崎美子

vlcsnap-2013-08-23-17h37m50s73.jpg
安西杏子:高橋ひとみ

vlcsnap-2013-08-23-17h53m12s84.jpg
寺坂光男:山下規介

vlcsnap-2013-08-23-17h54m49s33.jpg
遠山久子:朝香じゅん

vlcsnap-2013-08-23-18h02m17s164.jpg
今沢章吾:佐々木勝彦

vlcsnap-2013-08-23-18h07m12s22.jpg
桐野厚子:高田敏江

vlcsnap-2013-08-23-18h02m10s73.jpg
二階堂透:角野卓造

vlcsnap-2013-08-23-18h09m40s232.jpg
二階堂千秋:中山忍

vlcsnap-2013-08-23-18h24m03s162.jpg
片桐竜次、中野若葉

vlcsnap-2013-08-23-18h24m12s254.jpg
斎藤清六

vlcsnap-2013-08-23-18h31m51s236.jpg
島崎泉:カワイ麻弓

vlcsnap-2013-08-23-18h37m41s152.jpg
安西佳代:正司歌江

<ストーリー>
二階堂雪(木の実ナナ)は、警備会社から派遣されて
スーパーの保安員をしている。
客を装って店内を巡回して万引犯を摘発するのが仕事だ。

その日、雪の勤めるスーパーで
少女が万引をしたと騒ぎが起きた。
雪は慌てて駆け付けたが、既に少女は姿をくらました後だった。
雪は、目撃者の絵本作家・桐野真帆(宮崎美子)に似顔絵を描いて貰うことにした。
真帆は、偶然にもこのスーパーに勤める店員・安西杏子(高橋ひとみ)の同級生だった。
真帆と杏子は意外な再会を喜び合った。
似顔絵が出来上がると、
雪は新入り保安員・寺坂光男(山下規介)に見せてみた。
寺坂は美大出で絵心のある男だ。
似顔絵の作者が真帆だと知ると、寺坂は何故か顔を曇らせた。

後日、雪は真帆の展覧会を訪れた。
会場は盛況で、真帆の人気は本物のようだ。
雪が感心していると、遅れて杏子がやって来た。
杏子は小さな娘を連れていた。
杏子は、真帆を見つけると頭を下げて頼み込んだ。
「あたしの娘に、絵を教えてあげてくれないかしら」
杏子の娘は来年小学校のお受験を控えており、
その入試科目に絵画があるのだという。
真帆は少し渋ったが、杏子の熱心な申し出に結局承諾してしまうのだった。

翌日、真帆のアトリエに母・桐野厚子(高田敏江)がやって来た。
真帆と連絡が取れないことを不審に思ったのだ。
部屋に入った厚子はびっくり仰天した。
真帆の師匠・今沢章吾(佐々木勝彦)が死体になって転がっていたのだ。
真帆の姿は何処にも見当たらなかった。
厚子は慌てて警察に通報した。

捜査官(片桐竜次、中野若葉)が駆け付け、殺人事件の捜査が始まった。
どうして、今沢は真帆のアトリエで死んでいたのか。
今沢を殺したのは一体誰なのか。
捜査本部が重要参考人として手配したのは、当然ながら連絡の付かない真帆だった。
真帆の自宅には、衣服も現金も残されたままだ。
真帆は、着の身着のまま何処かへ逃げ出したのか、
或は何者かに連れ去られたに違いない。

捜査官は、真帆が立ち寄りそうな場所を知るために、
真帆の母・厚子に詳しい生い立ちを聞いてみた。
厚子によると、真帆はLD(学習障害)で、読み書きの言語能力に支障があるという。
その為、子供の頃から人間関係を築くのに苦労していた。
そんな真帆を救ったのが絵を描くことだった。
真帆は一心不乱に絵を書き続け、やがてそれが美大教授である今沢の目に留まった。
真帆は、今沢の勧めで絵本作家になり、今は売れっ子作家になっていた。
今沢は真帆にとって大事な師匠なのだ。
そんな今沢を、真帆が殺してしまうなんて絶対にあり得ない。
真帆の母・厚子は固く信じていた。

真帆を心配する雪は、出来る範囲内で行方を探し回ってみた。
真帆は中々見つからなかった。

捜査本部は、並行して別視点でも捜査を進めていた。
誰か、殺された今沢を恨んでいる人物がいなかったか。
怨恨の線から、関係者の洗い出しが始まった。
すると、ある人物が捜査線上に挙がった。
寺坂というスーパーで保安員をしている男だ。
美大時代に今沢の門下にあったが、対立して絶縁した過去があるという。
捜査官は、寺坂に事件当日のアリバイを確かめてみた。
寺坂は一人暮しで、これと言ったアリバイはなかった。
だが、今沢殺しの容疑は頑として否認した。

その数日後のことだった。
寺坂が、車中で服毒死体となって発見された。
傍らには遺書が残されていた。
今沢殺しを告白する内容だった。
同じ車内から、アトリエのスリッパと凶器のハサミが見つかった。
寺坂が今沢を殺害した後、追い詰められて服毒自殺した。
そう見て間違いなさそうだ。
寺坂は被疑者死亡で送検され、真帆に掛けられていた殺人容疑が解かれた。
このことはテレビや新聞ですぐに報道された。
にも関わらず、真帆の行方は杳として知れなかった。

その後、捜査本部は寺坂の銀行口座を調べて奇妙な金の動きを発見していた。
様々な人物が寺坂の口座に金を振り込んでいるのだ。
捜査官にこれについて尋ねられた雪はピンと来た。
寺坂は強請屋だ。
万引きで摘発した子供たちの親を脅迫して、金銭を脅し取っていたのだ。
雪は、ふと先日の出来事を思い出した。

少し前、雪はスーパーで小学生の少女が万引したのを摘発したことがあった。
何と、その少女は杏子の長女・早苗だった。
雪は、早苗を連れて杏子の自宅を訪問した。
杏子の母、つまり早苗からは祖母にあたる安西佳代(正司歌江)が応対してくれた。
佳代は、雪に礼を言った後杏子の身の上について話してくれた。
杏子は、学生時代に受験に失敗したことがあった。
その為、娘に同じ思いはさせまいと度を越して教育熱心なのだという。
長女の早苗は、お受験に失敗したため杏子は酷く失望していた。
それで、今度は次女のエリカのお受験に肩入れしている。
早苗は、妹にばかり肩入れする母に強く反発していた。
万引を繰り返したのは、少しでも母の気持ちを引きたかったからだった。
雪は考えた。
ひょっとして、寺坂は杏子のことを脅迫していたのではないか。
早苗の万引は今回だけではない筈だ。

そんな中、行方不明だった真帆が遂に見つかった。
浮浪者同然の身なりで徘徊しているのを、雪の夫・二階堂透(角野卓造)が発見したのだ。
真帆は衰弱が激しく、すぐに病院に担ぎ込まれた。

深夜、真帆が入院中の病院に不審者が忍び込んだ。
不審者は、真帆の病室を発見すると、点滴に細工を施した。
そして、立ち去ろうとしたその刹那、周囲が捜査官に取り囲まれた。
不審者はその場で取り押さえられた。
不審者の正体は、杏子だった。
杏子が、真帆を殺害するために病院に忍び込んだのだ。
驚く杏子の前に、雪が現れた。
雪は、真犯人が杏子であることを見破って予め警察に通報していたのだ。

雪は杏子の家を訪問した際、真帆からのファックスに目を留めたことがあった。
真帆はLDのため、文字は酷く乱雑だった。
特に、特定の文字が鏡文字になるのが真帆の特徴だった。
なのに、そのファックスにはその特徴がなかった。
誰かが偽装したのだ。
雪はこれで真犯人が真帆であることに勘付いた。

雪に問い詰められると、杏子は観念して真相を告白した。
事件の夜、杏子は真帆のアトリエを訪問した。
次女・エリカに絵を教えてあげて欲しい。
そう頼んだのに一向に連絡がないので、念押しに行ったのだ。
ところが、真帆はやっぱり断るという。
お受験に目の眩んだ杏子の母親振りが鼻に付くという。
言われているうちに杏子も腹が立ってきた。
杏子は、真帆が子供の頃から文字も碌に書けずに苦労してきたのをずっと見て来た。
杏子自身は、受験に失敗したとはいえずっと優等生だった。
なのに、今は立場がこんなにも逆転してしまった。
怒った杏子は、傍らにあったハサミを掴むと真帆に飛び掛った。
その時、丁度今沢がアトリエに居合わせていた。
今沢は杏子を止めようとして割って入り、誤って刺されてしまったのだった。
真帆は、動転してその場から逃げ出した。
一人残された杏子は考えた。
真帆が書き掛けのファックスを、追記して自宅に送ればアリバイ工作になるのではないか。
杏子は一通り偽装工作を施してアトリエを跡にした。
ところが、この秘密を知ったのが今沢の元弟子・寺坂だった。
杏子は寺坂に口止め料を無心された。
困った杏子は、寺坂に金を渡すと見せ掛けて毒を盛って殺害した。
そして、遺書とスリッパと凶器を残して偽装工作を完成させたのだった。

こうして杏子は警察に逮捕された。
雪はいつもの日常に戻った。
雪の幸せは小さなものだ。
家族がいて、仕事があって、懸賞応募を趣味にしている。
何か当たらないかな。
雪は、ちょっとした幸福の来訪を心待ちにしていた。

木の実ナナ、宮崎美子:万引きGメン・二階堂雪5 嫉妬 [テレビ大阪] 2013年08月22日 13時00時00秒(木曜日)

宮崎美子:関連作品


女性保安員 二階堂雪1 万引きする女
木の実ナナ主演の2時間サスペンス。
スーパーの警備員が変死体事件に不審を抱き、
その謎を突き止めると意外な人物が犯人だったというお話。
2時間サスペンスは世相を反映した内容が多い。
本作の本放送は90年代末、橋本増税で不況がぶり返した時期だ。
この時期の作品にはリストラや倒産の話が頻繁に出て来る。
物語のモチーフは、アラン・ドロン主演の「太陽がいっぱい」。
単なるパクリに終始せずに、
ちゃんと見応えのあるドラマに再構成した脚本が見事。
木の実ナナ演じる主人公はじめ、登場人物たちが実に活き活き描かれている。
緻密に張り巡らされた伏線、個々のドラマを通じて描かれる人間模様、
どれも文句なしの出来栄え。
好評だったらしく、その後シリーズ化されている。

l1336294069_001451_000001.jpg

TBS 女性保安員・二階堂雪01「万引きする女」
BS-TBS 女性保安員・二階堂雪01「万引きする女」
テレビドラマデータベース

<番組データ>
脚本:齋藤珠緒
初回放送:1998年4月27日
番組名:TBS「月曜ドラマスペシャル」

<出演>
vlcsnap-2013-06-04-20h20m07s193.jpg
二階堂雪:木の実ナナ

vlcsnap-2013-06-04-20h48m10s122.jpg
瀬川真理:洞口依子

vlcsnap-2013-06-04-20h46m11s213.jpg
秋月麗香:大沢逸美

vlcsnap-2013-06-04-20h46m25s97.jpg
和田店長:ルー大柴

l1336294321_002152_000001.jpg
藤倉和代:深浦加奈子

l1336294393_002361_000001.jpg
本橋邦子:中原早苗

l1336294460_002565_000001.jpg
二階堂透:角野卓造

l1336294500_002723_000001.jpg
二階堂千秋:中山忍

l1336294539_002827_000001.jpg
小林文夫:立川三貴

<ストーリー>
スーパーには様々な人々が客として訪れる。
中には質の悪い人間もいる。
万引犯だ。
二階堂雪(木の実ナナ)は、そんな万引犯を見つけ出すことを仕事にしている保安員だ。
客を装って然りげ無く店内の様子を伺う。
万引犯を発見すると、騒ぎにならないよう静かに事務室に誘導する。
大抵の場合謝罪すれば開放するが、再犯など悪質な場合は警察に突き出すことになる。
何処かに不審な客がいないか。
雪は今日も店内に目を光らせていた。

雪が売り場で不審な女を発見した。
女は何故かファスナーの開いたバッグを持ち歩いていた。
ここからが雪の腕の見せ所だ。
試着室に入る前に何着持って入ったか。
何を手に取り、何を万引したのか。
正規の客と誤認しないよう一挙手一投足を確認してゆく。
万引は現行犯逮捕が鉄則だ。
その場で取抑える必要がある。
「やった」
女がブローチをバッグに滑り込ませた。
雪は女がレジを通らず店外に出るのを確認してから呼び止めた。
「お客様、事務所に来て下さい」
雪は女をスーパー事務所に連行した。
事務所に着くと、早速女の持ち物検査が始まった。
ところが、探しても探してもブローチが見つからない。
雪の大チョンボだ。
こうなると、責任者である和田店長(ルー大柴)はじめ一同で平謝りするしかなかった。

その夜、雪と店長は改めて女の自宅に詫びに訪れた。
女は秋月麗香(大沢逸美)という有名なモデルだ。
社長令嬢で裕福な家庭に育ち、現在は高級マンションで優雅に一人暮しをしていた。
万引などせずともブローチの一つくらい簡単に買える身分だ。
雪は、合点がいかないまま引き下がらざるを得なかった。

翌日、スーパー事務所に男がパンを万引して連れて来られた。
何とこの男、雪の夫・二階堂透(角野卓造)ではないか。
「お父さん!どうしてこんなことを」
雪は一同の前で土下座して謝罪した。
帰宅後、雪は夫を問い詰めた。
夫は少し前にリストラに遭って、最近再就職したばかり。
雪は夫にそう聞かされていた。
ところが、その話は大嘘で本当は今も職探しに奔走している毎日だった。
娘・二階堂千秋(中山忍)が見合いをすることになり、
父親が失職中では格好が付かないと考えた二階堂は、
ついつい家族に作り話をしてしまっていたのだ。
パンの万引はそのやるせなさが引き起こしたものだった。
結局、この二階堂の万引が原因で娘・千秋の見合いは破談になってしまうのだった。

雪は責任を問われて1週間の自宅謹慎を言い渡された。
しかし、いざというときに頼れる人望は皆に買われていた。
上司・本橋邦子(中原早苗)やスーパーの事務員・藤倉和代(深浦加奈子)の執り成しで、
雪は何とか元の業務に復帰するのだった。
ゴタゴタが続いている間、常連客だった麗香は店に来なくなったという。
気になった雪は、麗香のマンションに行ってみた。
麗香は留守だった。
管理人によると、1週間程海外旅行に出ているのだという。
今は知り合いの女性が麗香の部屋で留守番をしているらしい。

帰り道、雪はスーパーのレジ係・瀬川真理(洞口依子)の姿を見掛けた。
真理は雪の娘と同じ年頃で、普段からよく会話を交わす仲だ。
雪は、ここ最近の真理を見ていると気になることがあった。
以前は質素な身なりだった真理が、見る見る派手に着飾るようになって来たのだ。
心配になった雪は、真理に直接訊いてみることにした。
雪に問われた真理は、少々怒って反論した。
「あたしだって、お洒落くらいしたいですよ。
余計なお節介焼かないで下さい」
雪は、真理が何か隠している気がして仕方なかった。
真理が身に着けている時計もバッグもブレスレットも、
全部麗香が身に着けていたのを見たことがある。
同じものを買ったとしてもかなりの額になる筈だ。
雪がそれを指摘すると、真理は少々戸惑いながらも説明した。
真理は麗香と同級生で、真理に頼まれて留守番をしているという。
衣服や宝飾は、ただ麗香から借りているだけだという。
「留守番って、真理ちゃんのことだったの」
雪はその説明には納得した。

数日後、雪はテレビで女性の変死体発見のニュースを目にした。
被害者の爪には、赤いバラのネイルアートが施されていたという。
心当たりがある。
麗香だ。
海外旅行に出ていると聞いていたが、何か事件に巻き込まれたのだろうか。
雪は警察に連絡した。
雪は警察に呼ばれて、身元確認のために遺体の写真を見せられた。
死後二週間経過した状態なので顔までは分からなかった。
死体は手首が縛られていた。
この結び方には見覚えがあった。
弔花結びだ。
以前、真理がやって見せてくれたことがあった。
雪は捜査官に答えた。
「似てます。スーパーでよく見掛けた女性です」

雪は麗香のマンションに行ってみた。
室内は既にもぬけの殻だった。
絨毯には血痕が残っていた。
続いて、雪は真理のアパートへ行ってみた。
そこもまた無人だった。
室内には海外旅行のポスターが貼ってあった。
真理は海外へ逃亡しようとしている。
そう直感した雪は、空港へ向かった。

その頃、真理は搭乗ゲートで捜査官たちに取り押さえられていた。
雪は捜査官の許可を取って、真理に事情を訊いてみた。

麗香が万引事件を起こしたあの日、真理は麗香のマンションに行って問い質していた。
麗香と真理は高校以来の顔見知りだ。
麗香は裕福な暮しをして悠々自適、
一方真理は両親と死に別れてレジ係を勤めながらアパートで質素な生活を送っていた。
真理は高校時代、両親の経営する会社の取引先の娘である麗香に
何とか力になって欲しい、口添えして欲しいと頼んだことがあった。
麗香はそれを引き受けていながら結局話さず仕舞いだった。
以来真理は麗香を恨んでいた。
裕福な暮しをする麗香を妬んでもいた。
その立場が初めて逆転する時が来た。
麗香の万引の証拠を掴んだのだ。
あの日、麗香はブローチを万引した後保安員の雪が尾行していることに気付いた。
そこで、ゴミ箱にこっそり捨てていたのだ。
真理はこの手口に勘付いたのだ。
ブローチを手に、真理は麗香に詰め寄った。
裕福な暮しをしているくせに、麗香はゲーム感覚で万引を繰り返していた。
室内には、他にも値札の付いた商品が山と積んであった。
真理はここぞと麗香を詰った。
追い詰められた麗香は真理を突き飛ばした。
怒った真理も反撃し、二人は取っ組み合いの喧嘩を始めた。
喧嘩が終ると、麗香はグッタリと動かなくなってしまった。
運悪く頭を打って、死んでしまっていたのだ。
殺すつもりはなかった。
困った真理は、麗香の死体をスーツケースに詰めて密かに海に投棄した。
そして、海外への逃亡を決意した。
チケットが取れるまでの間、真理は麗香の部屋で贅沢を満喫することにした。
今まで出来なかったお洒落も、遊びも、海外旅行も全部やってやる。
そしていよいよ海外へ逃亡という時になって、
こうして今空港で取り押さえられたという訳だ。

告白を遂えた真理は、雪に感謝の言葉を伝えた。
真理の身なりが派手になった時、声を掛けてくれたのは雪だけだった。
雪だけが真理のことを心配してくれていた。
真理は本当はそれがとても嬉しかったのだ。
雪は真理を励ました。
「真理ちゃん、泣いちゃ駄目。スマイル。
必ず会いに行くから。必ず」
真理は、捜査官に連行されて行った。

こうして事件は解決した。
雪にいつもの日常が戻った。
スーパーは相変わらずトラブルだらけだ。
万引犯は後を絶たない。
雪は今日も頑張るのだった。

木の実ナナ、洞口依子:女性保安員・二階堂雪1 万引きする女 [テレビ大阪] 2012年04月26日 13時00時00秒(木曜日)

木の実ナナ:関連作品




プロフィール

rps1979y

Author:rps1979y
※映画・ドラマの粗筋紹介は、
オチまで記してあるので御注意下さい。
管理人への連絡先はこちら

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon検索

楽天検索

楽天で探す
楽天市場

買物履歴

ブログランキング