色々鑑賞録
古い映画やドラマのあらすじを紹介してます
07 | 2013/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森村誠一サスペンス4 街
三浦友和主演の2時間サスペンス。
全く接点のない女子大生とクラブホステスが相次いで変死する。
ホステスは何故か女子大生の遺品を身に付けていた。
主人公の刑事が、この二つの事件の奇妙な因縁を調べ上げて、
事件の真相を突き止めるというお話。
脚本がかなり強引で、2時間サスペンスならではのこじつけが多い。

vlcsnap-2013-08-31-12h55m06s148.jpg

月曜ミステリー劇場
BS-TBS
TBS-ch
テレビドラマデータベース

<番組データ>
脚本:林誠人
初回放送:2004年7月12日
番組名:TBS「月曜ミステリー劇場」

<出演>
vlcsnap-2013-08-31-12h47m15s35.jpg
川合祐介:三浦友和

vlcsnap-2013-08-31-13h02m08s0.jpg
白井美恵:原日出子

vlcsnap-2013-08-31-12h49m34s163.jpg
白井美希:須藤温子

vlcsnap-2013-08-31-13h12m15s201.jpg
立科由里:石橋奈美

vlcsnap-2013-08-31-13h04m39s238.jpg
数成真実子:原田佳奈

vlcsnap-2013-08-31-13h09m58s105.jpg
安田管理官:潮哲也、小暮涼子:野際陽子

vlcsnap-2013-08-31-13h05m52s200.jpg
真実子の学友:

vlcsnap-2013-08-31-13h27m13s212.jpg
由里の同僚:

vlcsnap-2013-08-31-13h26m59s81.jpg
由里の同僚:

vlcsnap-2013-08-31-13h26m02s20.jpg
立科由美:中山忍

vlcsnap-2013-08-31-13h28m30s223.jpg
中岡和彦:京晋佑

vlcsnap-2013-08-31-13h27m40s216.jpg
堀口慎也:川崎麻世

vlcsnap-2013-08-31-13h21m31s126.jpg
数成和枝:村野友美

vlcsnap-2013-08-31-13h48m40s34.jpg
芳江:あいはら友子

vlcsnap-2013-08-31-13h29m42s173.jpg
梅沢貴也:松尾貴史

vlcsnap-2013-08-31-13h50m26s64.jpg
カトマンズ:六平直政

<ストーリー>
刑事・川合祐介(三浦友和)は、偶然入ったコンビニで強盗事件に遭遇した。
犯人はすぐに逮捕されたが、人質の女性が行方不明になっていた。
その夜、川合は偶然その女性を発見した。
立科由里(石橋奈美)というその女性は、
歌手を目指して田舎から出て来たばかりなのだという。
宿の手配もないというので、
川合は元妻・白井美恵(原日出子)に連絡して一夜の宿を頼んだ。
美恵の家に泊まった由里は、翌朝礼を言って何処かへ旅立って行った。

1年後、川合は殺人事件の捜査を担当していた。
被害者は、数成真実子(原田佳奈)という女子大生だった。
真実子の死体は車の中に放置されていた。
何者かに首を絞められて殺害されたらしい。
何故か金品には手が付けられておらず、
当日真実子が身に付けていたネックレスだけが紛失していた。

捜査に追われる川合の元に、懐かしい人物から電話が掛って来た。
1年前に一夜の宿を提供した歌手志望の女性・由里からだった。
相談したいことがあるので会って欲しいという。
川合は、由里と待ち合わせの約束をして電話を切った。
その後、川合は約束通りに待ち合わせ場所で由里を待った。
ところが、結局由里は現れず終いだった。

翌日、由里は変死体となって発見された。
死因は、何者かに首を絞められての窒息死だった。
由里の所持品の中から妙なものが見つかった。
真実子が身に付けていた筈のネックレスだ。
由里と真実子は知り合いでも何でもない。
どうして、真実子のネックレスを由里が所持していたのだろう?

川合は、このネックレスについて詳しく調べてみた。
真実子はネックレスを露天商から購入したらしい。
真鍮製の安物で、決して高価な品ではない。

川合は、由里の近況について調べてみた。
歌手志望だったが中々夢が叶わず、
クラブのホステスで生計を立てていたようだ。
川合は由里の同僚ホステスたちに聞込みをしてみた。
同僚たちも、ネックレスには心当りがないという。

その頃、捜査本部では由里殺害の容疑者としてある男が浮上していた。
中岡和彦(京晋佑)という実業家だ。
由里が勤めていたクラブのオーナーでもある。
由里は、どうやら中岡と恋人同士だったらしい。
由里が川合に電話を掛けて来たのは、
中岡について何か秘密を握ったからではなかろうか。

捜査本部が中岡を重要参考人として連行しようとした矢先、
その中岡の変死体が発見されたという連絡が入った。
中岡は、何者かにナイフを刺されて殺害されていた。
現場付近には、特徴のあるライターが転がっていた。
鑑定の結果、持ち主が割れた。
中岡の秘書・堀口慎也(川崎麻世)のものだった。
捜査本部は堀口から事情を聞こうとその行方を追った。
堀口は、事態を察知していち早く姿をくらましたようだ。

そんな中、捜査本部にタレコミ電話が掛って来た。
堀口らしき男がホテルに潜んでいるという。
川合たち捜査官は、そのホテルに急行した。
捜査官が部屋へ踏み込むと、
堀口は慌てて窓から飛び降りた。
部屋は5階だ。
転落して全身打撲となり、間もなく死亡が確認された。

これで関係者が全員死亡してしまった。
捜査本部は事件の真相について推測するしかなかった。

まず、中岡が真実子を殺害する。
その秘密を由里が知る。
中岡は、口封じのために由里殺害を堀口に命じる。
堀口が由里を殺害する。
その後、中岡と堀口との間にトラブルが起きる。
逆上した堀口が、中岡を殺害する。
そして、堀口自身は投身自殺を図る。

一応これで筋は通っているようだ。
だが、川合は最後の投身自殺に納得がいかなかった。
堀口は捜査官が踏み込んで来ると、慌てて窓から飛び降りた。
その際、何故かカバンを抱えていた。
覚悟の自殺を図る人間が、カバンを抱えて飛び降りるのは不自然だろう。
堀口は、死ぬつもりなどなかった。
カバンを抱えて、何処かへ逃げようとしていたのではないか。
では、何故5階の窓から飛び降りたのか。
堀口は、自分が5階にいることを知らなかったのではないか。
堀口自身は、1階の窓から飛び降りたつもりだったのではないか。

だとすれば、誰かが堀口を騙したことになる。
堀口は、最初は何者かに1階へ連れて行かれる。
「いざとなったら窓から逃げろ」
その人物は堀口にそう言っておく。
その後、堀口は薬か何かで眠らされる。
その間に、堀口は1階から5階へ運び込まれている。
堀口が目を覚ますと、間もなく捜査官が踏み込んで来る。
慌てた堀口は、指示通りに窓から逃げ出そうとして転落する。

川合は考えた。
この手引をしたのは一体誰なのか?
一人気になる人物がいた。
由里の姉・立科由美(中山忍)だ。
川合は、由里の死体発券後に親族へ報告を入れた。
その際、由里が幼い頃に両親を失って叔母夫婦の元で育ったことを知った。
その親族の中に、唯一連絡が取れない人物がいた。
それが姉の由美なのだ。
由里とは唯一血の繋がった肉親でもある。
妹が亡くなったというのに、どうして姿を現さないのか。
川合はずっと気になっていた。

川合は、由里の死体発見現場に行ってみた。
丁度、女性が花を供えているところに出会した。
川合は、女性に話し掛けてみた。
案の定、その女性こそ、由里の姉・由美だった。
川合がそれとなく水を向けると、由美は全てを察して事件の真相を告白した。

由美は、妹の死を知ってその真相を探っていた。
由里が勤めていたクラブにホステスとして潜り込み、
密かに内情を調べて回った。
そして、とうとうある夜真相を知った。
中岡と堀口の会話を立ち聞きしたのだ。

中岡は、真実子を殺害してネックレスを奪った。
中岡の恋人だった由里は、この秘密を知ってしまった。
そこで、中岡から証拠となるネックレスをくすねた。
しかし、由里は中岡の命を受けた堀口に殺害されてしまったのだった。

この真相を知った由美は、
妹の敵を討つことを決意した。
まず、堀口をたらし込んで中岡を殺害させた。
そして、堀口をホテルに匿うと見せ掛けて、
階層トリックで死に追いやったのだ。

こうして全てを告白した由美は、警察に自首して逮捕された。
川合は、妹を失って復讐に駆られた姉・由美の心中を思いやった。

川合の仕事は一段落した。
川合は、元妻・美恵と娘・白井美希(須藤温子)と、
久々に再会して外食に出掛けるのだった。

三浦友和、中山忍:森村誠一サスペンス4 街 [テレビ大阪] 2013年08月30日 13時00時00秒(金曜日)

原作:森村誠一



万引きGメン・二階堂雪5 嫉妬
木の実ナナ主演の2時間サスペンス。
画家の変死体が発見され、その弟子の絵本作家に殺人容疑が降り掛かる。
絵本作家の潔白を信じる主人公が、周辺人物からどうやって真犯人を探し当てるのかというお話。
宮崎美子演じる絵本作家がLD(学習障害)という設定が興味深い。
高橋ひとみ演じるお受験ママと娘の葛藤も上手く描かれている。
齋藤珠緒の脚本は、題材の取り方や人物描写が親しみやすくて感情移入がし易い。
ただ、殺人事件そのものは強引かつ類型的な面が否めない。

vlcsnap-2013-08-23-17h38m30s232.jpg

BS-TBS
TBS-ch
月曜ドラマスペシャル
テレビドラマデータベース

<番組データ>
脚本:齋藤珠緒
初回放送:2000年7月24日
番組名:TBS「月曜ドラマスペシャル」

<出演>
vlcsnap-2013-08-23-18h27m50s132.jpg
二階堂雪:木の実ナナ

vlcsnap-2013-08-23-17h39m15s134.jpg
左から
和田店長:ルー大柴、あき竹城、加藤明美:村上聡美

vlcsnap-2013-08-23-17h40m01s102.jpg
桐野真帆:宮崎美子

vlcsnap-2013-08-23-17h37m50s73.jpg
安西杏子:高橋ひとみ

vlcsnap-2013-08-23-17h53m12s84.jpg
寺坂光男:山下規介

vlcsnap-2013-08-23-17h54m49s33.jpg
遠山久子:朝香じゅん

vlcsnap-2013-08-23-18h02m17s164.jpg
今沢章吾:佐々木勝彦

vlcsnap-2013-08-23-18h07m12s22.jpg
桐野厚子:高田敏江

vlcsnap-2013-08-23-18h02m10s73.jpg
二階堂透:角野卓造

vlcsnap-2013-08-23-18h09m40s232.jpg
二階堂千秋:中山忍

vlcsnap-2013-08-23-18h24m03s162.jpg
片桐竜次、中野若葉

vlcsnap-2013-08-23-18h24m12s254.jpg
斎藤清六

vlcsnap-2013-08-23-18h31m51s236.jpg
島崎泉:カワイ麻弓

vlcsnap-2013-08-23-18h37m41s152.jpg
安西佳代:正司歌江

<ストーリー>
二階堂雪(木の実ナナ)は、警備会社から派遣されて
スーパーの保安員をしている。
客を装って店内を巡回して万引犯を摘発するのが仕事だ。

その日、雪の勤めるスーパーで
少女が万引をしたと騒ぎが起きた。
雪は慌てて駆け付けたが、既に少女は姿をくらました後だった。
雪は、目撃者の絵本作家・桐野真帆(宮崎美子)に似顔絵を描いて貰うことにした。
真帆は、偶然にもこのスーパーに勤める店員・安西杏子(高橋ひとみ)の同級生だった。
真帆と杏子は意外な再会を喜び合った。
似顔絵が出来上がると、
雪は新入り保安員・寺坂光男(山下規介)に見せてみた。
寺坂は美大出で絵心のある男だ。
似顔絵の作者が真帆だと知ると、寺坂は何故か顔を曇らせた。

後日、雪は真帆の展覧会を訪れた。
会場は盛況で、真帆の人気は本物のようだ。
雪が感心していると、遅れて杏子がやって来た。
杏子は小さな娘を連れていた。
杏子は、真帆を見つけると頭を下げて頼み込んだ。
「あたしの娘に、絵を教えてあげてくれないかしら」
杏子の娘は来年小学校のお受験を控えており、
その入試科目に絵画があるのだという。
真帆は少し渋ったが、杏子の熱心な申し出に結局承諾してしまうのだった。

翌日、真帆のアトリエに母・桐野厚子(高田敏江)がやって来た。
真帆と連絡が取れないことを不審に思ったのだ。
部屋に入った厚子はびっくり仰天した。
真帆の師匠・今沢章吾(佐々木勝彦)が死体になって転がっていたのだ。
真帆の姿は何処にも見当たらなかった。
厚子は慌てて警察に通報した。

捜査官(片桐竜次、中野若葉)が駆け付け、殺人事件の捜査が始まった。
どうして、今沢は真帆のアトリエで死んでいたのか。
今沢を殺したのは一体誰なのか。
捜査本部が重要参考人として手配したのは、当然ながら連絡の付かない真帆だった。
真帆の自宅には、衣服も現金も残されたままだ。
真帆は、着の身着のまま何処かへ逃げ出したのか、
或は何者かに連れ去られたに違いない。

捜査官は、真帆が立ち寄りそうな場所を知るために、
真帆の母・厚子に詳しい生い立ちを聞いてみた。
厚子によると、真帆はLD(学習障害)で、読み書きの言語能力に支障があるという。
その為、子供の頃から人間関係を築くのに苦労していた。
そんな真帆を救ったのが絵を描くことだった。
真帆は一心不乱に絵を書き続け、やがてそれが美大教授である今沢の目に留まった。
真帆は、今沢の勧めで絵本作家になり、今は売れっ子作家になっていた。
今沢は真帆にとって大事な師匠なのだ。
そんな今沢を、真帆が殺してしまうなんて絶対にあり得ない。
真帆の母・厚子は固く信じていた。

真帆を心配する雪は、出来る範囲内で行方を探し回ってみた。
真帆は中々見つからなかった。

捜査本部は、並行して別視点でも捜査を進めていた。
誰か、殺された今沢を恨んでいる人物がいなかったか。
怨恨の線から、関係者の洗い出しが始まった。
すると、ある人物が捜査線上に挙がった。
寺坂というスーパーで保安員をしている男だ。
美大時代に今沢の門下にあったが、対立して絶縁した過去があるという。
捜査官は、寺坂に事件当日のアリバイを確かめてみた。
寺坂は一人暮しで、これと言ったアリバイはなかった。
だが、今沢殺しの容疑は頑として否認した。

その数日後のことだった。
寺坂が、車中で服毒死体となって発見された。
傍らには遺書が残されていた。
今沢殺しを告白する内容だった。
同じ車内から、アトリエのスリッパと凶器のハサミが見つかった。
寺坂が今沢を殺害した後、追い詰められて服毒自殺した。
そう見て間違いなさそうだ。
寺坂は被疑者死亡で送検され、真帆に掛けられていた殺人容疑が解かれた。
このことはテレビや新聞ですぐに報道された。
にも関わらず、真帆の行方は杳として知れなかった。

その後、捜査本部は寺坂の銀行口座を調べて奇妙な金の動きを発見していた。
様々な人物が寺坂の口座に金を振り込んでいるのだ。
捜査官にこれについて尋ねられた雪はピンと来た。
寺坂は強請屋だ。
万引きで摘発した子供たちの親を脅迫して、金銭を脅し取っていたのだ。
雪は、ふと先日の出来事を思い出した。

少し前、雪はスーパーで小学生の少女が万引したのを摘発したことがあった。
何と、その少女は杏子の長女・早苗だった。
雪は、早苗を連れて杏子の自宅を訪問した。
杏子の母、つまり早苗からは祖母にあたる安西佳代(正司歌江)が応対してくれた。
佳代は、雪に礼を言った後杏子の身の上について話してくれた。
杏子は、学生時代に受験に失敗したことがあった。
その為、娘に同じ思いはさせまいと度を越して教育熱心なのだという。
長女の早苗は、お受験に失敗したため杏子は酷く失望していた。
それで、今度は次女のエリカのお受験に肩入れしている。
早苗は、妹にばかり肩入れする母に強く反発していた。
万引を繰り返したのは、少しでも母の気持ちを引きたかったからだった。
雪は考えた。
ひょっとして、寺坂は杏子のことを脅迫していたのではないか。
早苗の万引は今回だけではない筈だ。

そんな中、行方不明だった真帆が遂に見つかった。
浮浪者同然の身なりで徘徊しているのを、雪の夫・二階堂透(角野卓造)が発見したのだ。
真帆は衰弱が激しく、すぐに病院に担ぎ込まれた。

深夜、真帆が入院中の病院に不審者が忍び込んだ。
不審者は、真帆の病室を発見すると、点滴に細工を施した。
そして、立ち去ろうとしたその刹那、周囲が捜査官に取り囲まれた。
不審者はその場で取り押さえられた。
不審者の正体は、杏子だった。
杏子が、真帆を殺害するために病院に忍び込んだのだ。
驚く杏子の前に、雪が現れた。
雪は、真犯人が杏子であることを見破って予め警察に通報していたのだ。

雪は杏子の家を訪問した際、真帆からのファックスに目を留めたことがあった。
真帆はLDのため、文字は酷く乱雑だった。
特に、特定の文字が鏡文字になるのが真帆の特徴だった。
なのに、そのファックスにはその特徴がなかった。
誰かが偽装したのだ。
雪はこれで真犯人が真帆であることに勘付いた。

雪に問い詰められると、杏子は観念して真相を告白した。
事件の夜、杏子は真帆のアトリエを訪問した。
次女・エリカに絵を教えてあげて欲しい。
そう頼んだのに一向に連絡がないので、念押しに行ったのだ。
ところが、真帆はやっぱり断るという。
お受験に目の眩んだ杏子の母親振りが鼻に付くという。
言われているうちに杏子も腹が立ってきた。
杏子は、真帆が子供の頃から文字も碌に書けずに苦労してきたのをずっと見て来た。
杏子自身は、受験に失敗したとはいえずっと優等生だった。
なのに、今は立場がこんなにも逆転してしまった。
怒った杏子は、傍らにあったハサミを掴むと真帆に飛び掛った。
その時、丁度今沢がアトリエに居合わせていた。
今沢は杏子を止めようとして割って入り、誤って刺されてしまったのだった。
真帆は、動転してその場から逃げ出した。
一人残された杏子は考えた。
真帆が書き掛けのファックスを、追記して自宅に送ればアリバイ工作になるのではないか。
杏子は一通り偽装工作を施してアトリエを跡にした。
ところが、この秘密を知ったのが今沢の元弟子・寺坂だった。
杏子は寺坂に口止め料を無心された。
困った杏子は、寺坂に金を渡すと見せ掛けて毒を盛って殺害した。
そして、遺書とスリッパと凶器を残して偽装工作を完成させたのだった。

こうして杏子は警察に逮捕された。
雪はいつもの日常に戻った。
雪の幸せは小さなものだ。
家族がいて、仕事があって、懸賞応募を趣味にしている。
何か当たらないかな。
雪は、ちょっとした幸福の来訪を心待ちにしていた。

木の実ナナ、宮崎美子:万引きGメン・二階堂雪5 嫉妬 [テレビ大阪] 2013年08月22日 13時00時00秒(木曜日)

宮崎美子:関連作品


松本清張特別企画 鉢植を買う女
余貴美子主演の2時間サスペンス。
会社員でありながら社内の人々を相手に高利貸しを営むお局様が、
客の筈の男と恋に落ちてしまう。
それを切掛に、思い描いていた人生の設計図が次々崩れ落ちてしまうというお話。
主人公の心情描写が巧みで感情移入し易い。
最後まで飽きずに見られるが、
主人公の境遇描写に尺を割いた分、推理モノとしてはプロセスを飛ばし過ぎた感がある。

vlcsnap-2013-08-17-11h11m06s98.jpg

水曜ミステリー9
テレビドラマデータベース

<番組データ>
脚本:西岡琢也
初回放送:2011年11月9日
地上波放送:テレビ東京「水曜ミステリー9」

<出演>
vlcsnap-2013-08-17-11h35m18s23.jpg
上浜楢江:余貴美子

vlcsnap-2013-08-17-11h44m03s42.jpg
杉浦淳一:田中哲司

vlcsnap-2013-08-17-11h39m12s171.jpg
岸田茂子:泉ピン子

vlcsnap-2013-08-17-11h14m01s55.jpg
上浜清子:佐々木すみ江

vlcsnap-2013-08-17-11h23m46s11.jpg
上浜利子:横尾香代子、上浜克也:浅見小四郎

vlcsnap-2013-08-17-11h34m41s171.jpg
野川亜砂美:筒井真理子

vlcsnap-2013-08-17-12h05m31s229.jpg
権藤:加藤虎ノ介、飯沼:佐藤二朗

vlcsnap-2013-08-17-11h10m33s233.jpg
夫婦:池田道枝、津村鷹志

vlcsnap-2013-08-17-11h17m34s135.jpg
木島:松村邦洋

vlcsnap-2013-08-17-11h51m30s14.jpg
林エリ:鈴木ちなみ

<ストーリー>
一流企業に勤めるベテランOL・上浜楢江(余貴美子)の生き甲斐は、
お金を貯めることだった。
社内には金回りに不自由している人々がいる。
楢江は、そんな人々を相手に非合法の高利貸しを営んでいた。
勿論貸してやるのは些細な額だが、続けることで小金が稼げた。
楢江は独身の一人暮しだ。
昼食には自家製の焼きそば弁当を持参して倹約するのが日課だ。
お金を貸し、利子を取立て、倹約してお金を貯める。
同僚OLが結婚して幸せな家庭を築いてゆくのを尻目に、
楢江は只管お金に執着することで生き甲斐を見出していた。

楢江は今日も金を貸した同僚会社員・杉浦淳一(田中哲司)に返済を迫っていた。
杉浦はギャンブラーで、すぐに金に困ってしまう男だ。
今回も約束の利子を返すことが出来ず、楢江にせっつかれていた。
困った杉浦は、「別の手段で返す」と称して楢江に強引に抱着いてキスした。
体で返そうというのだ。
怒った楢江は杉浦を突き飛ばしてその場から立ち去った。

楢江の心はそれを機に揺れた。
気丈に生きて来た楢江だったが、本当は恋もしたかったし結婚もしたかった。
誰かに愛されたかった。
お金に執着したのは、そんな本心を誤魔化すためだった。

後日、楢江の自宅マンションに杉浦が訪ねて来た。
利子を返すという口実だった。
楢江が玄関を開けると、杉浦は強引に上がり込んで来た。
「帰ってよ」
楢江は追い返そうとしたが、杉浦は聞く耳を持たなかった。
そして、力尽くで楢江を床に押し倒した。
男の力に敵う筈もない。
楢江は、そのまま杉浦に強引に抱かれてしまうのだった。

一度関係を持ってしまうと、楢江の心はすっかり折れてしまった。
杉浦は、それから度々楢江の元へやって来た。
楢江はそれを迎え入れ、男女の関係が当り前になっていった。
もうかつての楢江ではなかった。
杉浦のことで頭が一杯になった恋する乙女に変わったのだ。
最早、前のように倹約する気にもなれない。
昼食は社員食堂で定食を注文するようになり、
仕事のやりとりでも、前のような刺々しさが消えた。
人当たりが良くなり、周囲の誰もがその異変に気が付いた。

楢江には夢があった。
蓄えを使ってマンションのオーナーになり、
不動産収入で優雅に暮すこと。
勿論、愛する杉浦と二人で。

ある日、楢江が社員食堂で昼食を摂っていると、
顔見知りの食堂係・岸田茂子(泉ピン子)が話し掛けて来た。
茂子もまた楢江と同じく、社員相手に闇金融を営んでいた。
茂子は楢江に囁いた。
杉浦が林エリ(鈴木ちなみ)という女性社員に貢いでいるという噂話だった。
楢江は平静を装いながら、内心激しく動揺した。

その夜、楢江はエリのマンションに行ってみた。
見覚えのある車が駐車場に入るのが目に付いた。
杉浦だ。
助手席に乗っているのは案の定エリだった。
二人は仲睦まじくマンションに入って行った。
見送った後、エリは杉浦の車に傷を付けた。
裏切られた。
杉浦の本命はエリだ。
杉浦は楢江のことを金蔓にしか思っていない。
頭にきた楢江は、自宅にあった杉浦の持ち物を全て処分してしまうのだった。

後日、楢江の勤める会社に刑事たちが押し掛けて来た。
社内の人々の噂話が耳に入った。
杉浦が会社の金を横領して逃亡を図ったという。
それを聞くと、楢江は途端に杉浦のことが心配になって来た。
騙されていた。
悪い男だ。
分かってはいたが、楢江は未だまだ杉浦への未練を捨て切れていなかった。

その夜、楢江の自宅に杉浦が転がり込んで来た。
大金を横領したはいいものの、行き場を失って泣き付きに来たのだ。
楢江は、自首するよう杉浦を説得した。
杉浦は耳を貸そうとしなかった。

それから二週間が経った
杉浦の横領逃亡事件は、その後何の進展もなく一段落していた。
楢江は、仕事を終えると大量の脱臭剤を買い込んで帰宅した。
杉浦が訪ねて来たあの夜、楢江は杉浦の本心を知った。
一緒に逃げようと言う杉浦の申し出を楢江は断った。
楢江が逃亡に手を貸してくれないと知ると、杉浦は途端に楢江を詰った。

お前は焼きそば臭い。
お前の焼きそばは世界一不味い。
お前の身なりは丸で豚の貯金箱だ。

杉浦は楢江のことを心底馬鹿にしていた。
尽くして来たのに。
貢いて来たのに。
杉浦は言いたい放題だった。
怒った楢江は、不意を突いて杉浦の頭を置物で殴り付けた。
杉浦は即死した。

楢江は杉浦の死体を浴槽に隠した。
大量に鉢植を買い込み、その土で死体を埋めた。
浴槽は使えなくなり、楢江は外風呂を利用するようになった。

暫くして、楢江の自宅に刑事たちが聞込みにやって来た。
楢江が杉浦を匿っているのではないかと疑っているようだ。
楢江は刑事たちを自宅に上げた。
刑事たちは楢江の了承を取って自宅内を改めた。
男がいる気配は何処にもなかった。
浴槽も確かめたが蛻の殻だった。
刑事たちは諦めて引き返すしかなかった。

杉浦の死体は既に処分済みだった。
楢江は郊外に土地を買い、そこへ杉浦の死体を埋め立てていた。
埋め立てた後、花を植えて花壇を作った。
杉浦の好きな花だった。
楢江が花壇の手入れをしていると、通りすがりの夫婦が声を掛けて来た。
「綺麗な花壇ですね」
楢江は夫婦と立ち話になった。
夫婦が花の手入れのことを訊くと、楢江は答えた。
「肥料が大事なんです。一番いいのは、動物性の脂の染みた肥料です」

その頃、刑事たちは着々と捜査を進めていた。
処分された杉浦の車を探し当て、
レンタカー会社を当って楢江が死体運搬に使ったトラックを突き止めていた。

後日、楢江がいつものように花壇の手入れをしていると、
パトカーのサイレンが聞こえて来た。
楢江の完全犯罪は、刑事たちに突き崩されていたのだ。
逮捕を覚悟した楢江は、ふと杉浦の言葉を思い出した。

「自分では上手くやってるつもりなのに、隙だらけだ。
俺とお前はそんなところが似ている」

余貴美子、田中哲司:「松本清張特別企画・鉢植を買う女」 [テレビ大阪] 2013年08月16日 13時00時00秒(金曜日)

原作:松本清張


戸隠伝説殺人事件 信濃のコロンボ事件ファイル4
中村梅雀主演の2時間サスペンス。
不動産会社社長、広告会社社長、政治家という地元の名士3人が次々変死し、その容疑が大学教授に降り掛かる。
主人公の刑事は、4人の接点を探り出して、戦中期に起きた因縁の出来事を探し当て、事件の真相を突き止めるというお話。
同一原作をドラマ化したTBS版の岡本克己脚本は、すっきり整理する、じっくり見せることを主眼にした作風。
対して、佐伯俊道脚本の本作は、退屈させないために情報を思い切り詰め込んで一気に見せるという作風。
本来物悲しい話なのに、見ていてえらく騒々しくて、何処かコミカル。
とにかく登場人物が喋る喋る。
落ちも変えられており、犯人が捕まった後強引なハッピーエンドとコントで締められる。
良くも悪くも今時の2サス。

vlcsnap-2013-08-14-20h28m59s49.jpg

女と愛とミステリー
2サスでドン
テレビドラマデータベース

<番組データ>
脚本:佐伯俊道
初回放送:2003年8月31日
地上波放送:テレビ東京「女と愛とミステリー」

<出演>
vlcsnap-2013-08-14-20h34m02s3.jpg
竹村岩男:中村梅雀

vlcsnap-2013-08-14-20h37m02s19.jpg
竹村陽子:原日出子

vlcsnap-2013-08-14-20h27m29s169.jpg
武田喜助:守田比呂也

vlcsnap-2013-08-14-20h59m42s43.jpg
武田佐知江:澤井孝子

vlcsnap-2013-08-14-20h36m40s46.jpg
立花智弘:細川俊之

vlcsnap-2013-08-14-20h37m20s198.jpg
野矢優子:神戸みゆき

vlcsnap-2013-08-14-20h56m51s134.jpg
野矢桂一:山田吾一

vlcsnap-2013-08-14-20h52m46s227.jpg
大森修司:里見浩太郎、安岡:木下ほうか

vlcsnap-2013-08-15-15h43m50s93.jpg
岡部和雄:松村雄基

vlcsnap-2013-08-15-15h46m50s114.jpg
石原隆二:灰地順

vlcsnap-2013-08-14-21h08m20s116.jpg
宍戸正文:穂積隆信

vlcsnap-2013-08-14-21h17m29s213.jpg
天道タキ:三條美紀

vlcsnap-2013-08-14-21h11m19s91.jpg
ホテル支配人・高野:?

中村梅雀、細川俊之:信濃のコロンボ④戸隠伝説殺人事件 [テレビ大阪] 2013年08月14日 13時00時00秒(水曜日)


テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

内田康夫サスペンス 愛するあまり 樹海の失踪殺人事件
とよた真帆主演の2時間サスペンス。
自殺した姉の夫を愛してしまった妹が、
その行動に不審感を抱いて調査するうちに、
事件の意外な真相を突き止めるというお話。

この作品が製作された後、
同一原作を使って「信濃のコロンボ15」と「福原警部4」と、計3度ドラマ化されている。
(出演者の顔触れを見たい人は、「愛するあまり」「福原警部4」で検索↓)
http://imgbbs1.artemisweb.jp/4/rps1979/search.html
他の2作が勧善懲悪の謎解きに徹しているのに対して、
本作は妹と姉夫婦の三角関係を軸にした心理描写に主眼が置かれている。

vlcsnap-2013-08-03-18h21m45s154.jpg

女と愛とミステリー
水曜 女と愛とミステリー
テレビドラマデータベース

<番組データ>
脚本:吉田剛
初回放送:2001年7月29日
番組名:テレビ東京「女と愛とミステリー」

<出演>
vlcsnap-2013-08-03-18h27m20s163.jpg
菊池早知子:とよた真帆

vlcsnap-2013-08-03-18h21m19s141.jpg
小宮由紀子:秋吉久美子

vlcsnap-2013-08-03-18h50m24s180.jpg
小宮孝司:宅麻伸

vlcsnap-2013-08-03-18h33m32s56.jpg
三好憲一:古尾谷雅人

vlcsnap-2013-08-03-18h26m57s169.jpg
山崎俊男:南条弘二

vlcsnap-2013-08-03-18h55m08s209.jpg
林美和:高樹沙耶

vlcsnap-2013-08-03-19h18m58s167.jpg
木村多恵子:土屋貴子

<ストーリー>
保育士・菊池早知子(とよた真帆)の元に警察から電話が掛って来た。
冨士山樹海で、失踪中の姉・小宮由紀子(秋吉久美子)の死体が発見されたため、
その身元確認をして欲しいという連絡だった。
死体は損傷が激しく、早知子は所持品で姉の死体を確認した。
由紀子は、生前先物取引に失敗して多額の借金を抱えていた。
警察は、それを苦にした自殺だと断定してこの事件の捜査を終了した。

由紀子の夫・小宮孝司(宅麻伸)は、妻の哀れな最期に酷く落ち込んでいる様子だ。
早知子は、小宮の心中を思いやった。
亡くなった由紀子は、早知子にとって最愛の姉だった。
それと同時に、早知子の心には何処か小宮に対する恋心があった。
姉の夫に対して、いけないことだと感じながらずっと募らせてきた思いだった。

早知子は、思い切って自分の思いを小宮に打ち明けてみた。
小宮も早知子のことを気に入ってくれていた。
二人が結ばれようとしたその時、何者かから小宮に電話が掛って来た。
それを受けた小宮は表情が一変した。
小宮は、用事が出来たと言い残して唐突に早知子の前から姿を消した。
一体、誰からどういう内容の電話が掛って来たのだろうか?
早知子の心に疑念が膨らんでいった。

後日、早知子が姉の部屋を整理していると、覚えのない男から電話が掛って来た。
山崎俊男(南条弘二)という歯科医だという。
「俺にも保険金の分前を寄越せ」
山崎はこう言って電話を切った。
由紀子の自殺が確認されたことで保険金が降りる。
そのことは警察から説明されて聞いてはいた。
だが、どうして見知らぬ歯科医が分前を寄越せと要求してくるのだろう?

数日後、早知子はニュースを見て驚いた。
例の歯科医・山崎が、ビルから突き落とされて転落死したという報道だった。
その後、三好憲一(古尾谷雅人)という刑事が早知子の元を訪ねて来た。
転落死した山崎は、由紀子の身元確認を行った歯科医なのだという。
三好刑事は、どうやら小宮のことを疑っているようだ。
小宮が保険金目当てに妻を殺害し、
山崎はその共犯者で口封じに殺されたのではないか。
三好刑事は、言外にそう匂わせながら早知子を問い詰めた。

早知子は小宮の潔白を信じていた。
しかし、小宮が何かを隠していることも感じ取っていた。
そこで、早知子は外出する小宮を尾行してみた。
荷物を抱えて誰かに会いに行くようだ。
小宮は、アパートの一室に入って行った。
早知子は、強引にその部屋に踏み込んだ。
そこにいたのは意外な人物だった。

部屋にいたのは、死んだ筈の由紀子だった。
由紀子は生きていたのだ。
由紀子は、驚きの余り声の出ない早知子に説明した。

1年前、ホステスだった由紀子は、
同僚ホステス・木村多恵子(土屋貴子)の狂言自殺に立ち会った。
ところが、多恵子は狂言の筈が本当に死亡してしまった。
そこで、由紀子はふと閃いた。
年齢も背格好も同じ多恵子を自分に見せ掛けることが出来ないだろうか。
自分が死んだことになれば、夫に保険金が入る。
借金が返せる。
由紀子は、多恵子と所持品を交換して死体を自分に見せ掛けるよう工作した。

この秘密を嗅ぎ付けたのが歯科医・山崎だった。
歯の治療痕から死体の正体に気付いたのだ。
山崎は、偽装自殺の目的が保険金にあることを知った。
そこで、警察に届けずに保険金の分前を要求することにしたのだ。
早知子は、強請りに来た山崎をビルから突き落として殺害したのだった。

由紀子は真相の告白を終えた。
これから小宮と共に外国に高飛びする予定だという。
唖然とする早知子を取り残して、由紀子と小宮は空港へと向かった。

早知子は、由紀子と小宮を見送るために遅れて空港へ向かった。
空港内に見覚えのある男がいた。
三好刑事だ。
小宮の身柄を抑えるために張り込んでいるのだ。
早知子は、空港内で一足早く由紀子と小宮を発見した。
そして、機転を利かせて二人を逃がしてやるのだった。

由紀子は空港から退散しながら感じていた。
妹・早知子が、夫・小宮を本気で愛していること。
だが、義理堅い早知子は、自分が生きていることを知った以上小宮に愛をぶつけることは出来ない。
そして、小宮もまた板挟みになったことで、これまでのように由紀子を愛することは出来ないだろう。
3人は別々に生きていくしかないのだ。

由紀子と小宮が逃げおおせたのを確認した早知子は、
一人空港を後にするのだった。

とよた真帆、秋吉久美子:内田康夫サスペンス 愛するあまり 樹海の失踪殺人事件 [テレビ大阪] 2013年08月01日 13時00時00秒(木曜日)

原作:内田康夫




プロフィール

rps1979y

Author:rps1979y
※映画・ドラマの粗筋紹介は、
オチまで記してあるので御注意下さい。
管理人への連絡先はこちら

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon検索

楽天検索

楽天で探す
楽天市場

買物履歴

ブログランキング