色々鑑賞録
古い映画やドラマのあらすじを紹介してます
09 | 2014/10 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ニュースの天才3(最終)
※ネタバレ注意

<その3>
vlcsnap-2014-10-12-11h36m41s218.jpg

レーン編集長は、事後処理に追われていた。
まずは、グラスの処分だ。
顧問弁護士や同僚記者は誰もがグラスに同情的だ。
若い記者の将来を断つべきじゃない。
2,3ヶ月の停職で十分だ。
もう十分反省している。
そんな意見ばかりだ。
だが、レーン編集長は徹底的に責任を追求すべきというスタンスだ。
今回の事件は偶然のミスではない。
意図的な捏造だ。
プロの記者として、断じて許されるものではない。

vlcsnap-2014-10-11-16h42m40s75.jpg

その頃、当のグラスはかつての上司ケリー編集長を訪ねていた。
ケリー編集長は、現在別の雑誌社に勤めている。
それでも、グラスを追い返さずに親身に相談に乗ってくれる数少ない人物だ。
グラスは、思いの丈をぶち撒けた。
元々自分はレーン編集長に嫌われていた。
だから、ミスを口実に編集部から追い出そうとしている。
そう泣き付くグラスを、ケリー編集長は厳しく突き放した。
「レーンは私情で動く男じゃない。
彼は正しい。
君の行為は、解雇処分に値する」
そう諭しても、グラスは中々納得しなかった。
「レーン編集長が怒ってるのは、
僕があなたを尊敬していることが許せないからだ」
グラスは、自分の行動や心理を客観的に見ることの出来ない男だった。
自分のした間違いの原因を、他者の心理的要因に持っていってしまう。
言い逃ればかりで同情を乞うグラスに呆れながら、
ケリー編集長は厳しい一言を突付けた。
「この際だから思い切って聞こう。
君は、私の下でも捏造していたのか?」

vlcsnap-2014-10-11-16h41m19s37.jpg

グラスの捏造は、今回だけなのか?
そして、どの範囲まで捏造なのか?
誰よりも疑念を持つのは、責任者であるレーン編集長だった。
レーン編集長は、デスクで残務処理に追われるグラスを厳しく問い詰めた。
「シムズ会長は、君の弟だな?
弟に頼んでシムズ役を演じさせたな?
シムズ会長も、会社のウェブサイトも、留守電も、イアン少年も、エージェントも、役人も、
嘘八百だ!」
記事に登場するあらゆる人物が存在しない。
そう追求するレーン編集長に、グラスは最後の最後まで言い逃れを続けた。
「みんな実在する」
これ以上話すのは無駄だ。
そう感じたレーン編集長は、とうとう最後通告を突付けた。
「出て行け。ここの物は全部置いて行け。何も手を触れるな。デスクから離れろ。
従わないと警備を呼ぶ」
レーン編集長は、グラスからセキュリティキーを取り上げて編集部から追い出した。
グラスは最後まで言い訳を止めなかった。
「僕は犯罪者じゃない!
それに……謝ったじゃないか」

vlcsnap-2014-10-11-17h15m10s122.jpg

グラスを叩き出した後、レーン編集長は編集部に備え付けの雑誌類を片っ端からチェックした。
グラスは、いつもこの手の雑誌に目を通していた。
何かあるのではないか。
読んでみると案の定だ。
グラスが過去に執筆した記事から編集会議で飛ばしたジョークに至るまで、
何処かで聞いた内容がてんこ盛りだ。
グラスは盗用と捏造の常習者なのだ。
こうなると、グラスのあらゆる過去記事を洗い直す必要がある。

vlcsnap-2014-10-11-17h23m15s122.jpg

レーン編集長は、再度謝りに来たグラスに申し渡した。
「君はクビだ」
さすがにショックだったのか、グラスは自殺を仄めかしてポロポロ泣き出した。
それを一瞥して、レーン編集長は冷ややかに言い放った。
「熱演だな」

vlcsnap-2014-10-12-11h46m22s139.jpg

余りに薄情ではないか。
グラスを解雇したレーン編集長には、そんな批判もあった。
が、レーン編集長は信念を崩さなかった。
ジャーナリストとして、記事捏造は絶対に見過ごすことが出来ない。
放置すると、雑誌そのものが消えかねない。
ライバル誌の追求も容赦無いだろう。
勿論、レーン編集長自身も責任を痛感していた。
グラスの"フィクション"を"事実"として雑誌に掲載した責任は、
レーン編集長にあるのだ。

vlcsnap-2014-10-12-12h26m41s146.jpg

責任感の強いレーン編集長の姿勢は、
次第に周囲の理解を得ていった。
ある朝、レーン編集長が編集会議に出席すると、
記者全員が署名した謝罪記事の草案が用意されていた。
皆分かってくれたのだ。
一同の拍手を受けて、レーン編集長は照れ笑いを浮かべた。
「参ったな。先を越された」

vlcsnap-2014-10-08-16h23m27s71.jpg

その頃、グラスは母校に居た。
元担任や後輩達を前に熱弁を振るったグラスは、
拍手喝采されている気になっていた。
しかし、この母校への凱旋は夢物語に過ぎない。
グラスは、無人の教室の中で1人空想に耽る虚しさを噛み締めていた。

vlcsnap-2014-10-08-16h24m08s228.jpg

その後、グラスの過去記事は詳細に検証された。
弁護士を伴って検証に参加したグラスは、
異議を唱えようとはしなかった。

vlcsnap-2014-10-12-12h12m09s249.jpg

[関係者のその後]
アダム記者は、1998年5月10日にオンライン記事を発表し、
ネットジャーナリズムの到来を世に知らしめた。

vlcsnap-2014-10-12-12h04m28s222.jpg

ニュー・リパブリック誌は6月の謝罪記事で、
グラス名義の記事41件中27件に何らかの捏造があったことを認めた。

vlcsnap-2014-10-08-16h23m19s188.jpg

ケリー編集長はアトランティック・マンスリー誌の編集員を務めたが、
2003年4月にイラク戦争を取材中に事故死した。

vlcsnap-2014-10-05-14h24m20s146.jpg

スティーヴン・グラスはジョージタウンロースクールを卒業し、
現在はニューヨークで生活している。
2003年5月、注目を浴びるために捏造を繰り返す
野心的なジャーナリストを主人公にした処女小説を発表した。

vlcsnap-2014-10-05-16h15m53s8.jpg

チャック・レーンは、現在ワシントン・ポストのライターとして、
記事を執筆している。

vlcsnap-2014-10-12-11h38m37s97.jpg

ヘイデン・クリステンセン:ニュースの天才 (20091219-1900)_KBS京都_アナログ


テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ニュースの天才2
<その2>
vlcsnap-2014-10-07-15h33m27s24.jpg

『ハッカー天国』は、何故一流誌「ニュー・リパブリック」に掲載されたのか。
チェックが甘かったのか?
そんなことはない。
そのプロセスは、ざっとこうだ。
書き上げた原稿は、まず2人のシニアエディターが別々に目を通す。
担当記者は、その意見を元に書き直す。
次は、細部の事実をチェックする。
あらゆる日付、肩書、固有名詞を調べて裏付けを取る。
続いてコピーエディターが校閲し、弁護士が法律的観点からチェックする。
ペレツ社長も目を通し、二重三重のプロセスが3日間繰り返される。
穴など何処にも見当たらない。
だが、中にはチェック不可能な記事もある。
参照する資料が、記者のノートしかないケースだ。
外部資料を参照することが出来ない内容だと、
記者ノートとの整合性以外に確認の取りようがない。
この大穴を、『ハッカー天国』は擦り抜けてしまったのだ。

vlcsnap-2014-10-08-16h22m59s48.jpg

フォーブスからの問い合わせを受けたレーン編集長は、
記事に登場する人物に電話を掛けてみた。
まず、ハッカー少年イアン。
しかし、グラスによると家族と旅行中ということで連絡が取れない。
続いて、ジュークマイクロニクス社のシムズ会長。
電話を掛けると留守電だ。
仕方なく、レーン編集長は「折り返し電話が欲しい」と伝言を残した。

その日の夜、レーン編集長の自宅にシムズ会長を名乗る男から電話が来た。
レーン編集長が「確認したいことがある」と要件を説明すると、
シムズ会長は一方的に捲し立てて電話を切った。
「もう取材には協力出来ない。
グラス記者にもオフレコと釘を刺してある。
もう掛けて来ないでくれ」
記事が話題になって面倒を避けようとしているのだろうか。
それにしても、何か引っ掛る。
シムズ会長の声が妙に若いのだ。

vlcsnap-2014-10-08-15h37m06s166.jpg

翌日、ニュー・リパブリック編集部とフォーブス編集部との間で電話会議が開かれた。
表向きは、『ハッカー天国』の後追い記事の方針について話し合うためだ。
ニュー・リパブリック側からは担当記者グラスとその上司レーン編集長、
フォーブス側からはアダム記者を含め3人が出席した。
実は、アダム記者は既に『ハッカー天国』が捏造だということは調べが付いている。
グラスには鋭い舌鋒を次々浴びせた。
これは記事を捏造した記者を試す最終確認だった。

vlcsnap-2014-10-08-15h46m44s50.jpg

「記事に登場する人物の誰とも連絡が取れない。
君に教えて貰った番号は全て留守電で、Eメールはアカウントが削除されてる」
「どうしてかな……。僕にはすぐ掛かって来た」

「君が電話を掛けたら、本人が出たのか?」
「いや、メッセージを残したら後から電話が掛かって来た」

「ジュークマイクロニクス社はソフトウェアの大手と書いてるけど、
その根拠は?」
「校閲の誰かが入れたんだ。エディターかも」

「社の重役と初めて会ったのはホテル?イアンの家?」
「家に行ったことはない」

「重役と一緒に行ったという印象を受けたんだけど」
「そういうつもりで書いてない」

「記事に登場するネバダ州役人の電話番号は?」
「605……」
「待った、605はネバダじゃないぞ」
「……」

グラスが「別の人と間違えた」と言い訳すると、
アダム記者は「ジュークマイクロニクス」社のURLを尋ねた。
検索でヒットしないのだ。
グラスは、FAXでURLを送信した。
アダム記者がそれをブラウザに打ち込むと、単色で文字だけのシンプルなサイトが表示された。
ソフトウェアの大手にしては、余りに手を抜いた画面だ。
アダム記者を始めとするフォーブス編集部は、脱力しながら答えた。
「どう見ても詐欺サイトだ。
間に合わせで作ったとしか思えない」

vlcsnap-2014-10-08-15h06m40s94.jpg

同席していたレーン編集長も、大汗をかくグラスに尋ねた。
「ネバダ州役人の番号は?」
グラスは、何も答えられなかった。
もう誤魔化せない。
それを知ると、グラスは途端に言い訳を始めた。
「認めるよ。僕はハッカー達に騙されてたんだ」
誰よりも空気を読み、変わり身が早い。
グラスらしい身の守り方だった。

vlcsnap-2014-10-10-18h12m36s25.jpg

アダム記者の質問に答えるグラスは、終始しどろもどろだった。
どう見ても詭弁だ。
レーン編集長は、これ迄にもグラスは何処かおかしいと感じてはいた。
が、一方で部下を信じたい、信じないといけないという気持ちもあった。
ここへ来て、レーン編集長はそれが誤りだと悟った。
上司の立場にある人間は、ただ部下を信じるだけでは駄目なのだ。
時には、不愉快に思われても疑惑の目を向けねばならない。
例え、その疑惑が上司と部下の信頼関係を崩すものであってもだ。

電話会議の後、レーン編集長はグラスを追求した。
"人"が駄目なら、記事に登場する"場所"を全て確認したいと。
グラスは「意味が無い」と渋ったが、レーン編集長は譲らなかった。
仕方なく、グラスはレーン編集長と共に記事の場所へ車を走らせた。

vlcsnap-2014-10-10-17h06m56s55.jpg

まずは、ハッカー少年イアンと会社重役が契約を交わしたホテルだ。
このホテルのカフェで交渉したことになっている。
カフェに入ると、グラスは「この椅子にイアンと両親」「その正面に弁護士と重役」と説明を始めた。
この契約後、200人のハッカー集団がロビーでイアンを祝ったことになっている。
そのロビーにも行ってみると、レーン編集長は思わず絶句した。
200人のハッカー集団が集まったにしては余りに狭すぎる。
レーン編集長は、受付に尋ねた。
2週間前の日曜日にここでハッカー集会が開かれたかどうか。
受付は即座に否定した。
「ここは日曜日は閉めてます」

vlcsnap-2014-10-10-17h17m15s91.jpg

またグラスが下手な言い訳を始めると、レーン編集長は聞く耳持たずに問い詰めた。
「集会後はハッカー仲間と食事をしたんだな?
そのレストランは何処だ?」
レーン編集長はそこも確かめた。
ホテルの向かいにレストラン自体は存在した。
だが、営業時間が合わない。
夕食を摂った筈なのに、日曜は午後3時までだ。
もはや言い逃れは不可能な状態だが、それでもグラスは言い訳を止めなかった。
とうとう、レーン編集長はグラスと路上で怒鳴り合いになった。

「フォーブスの記者は全部調べるぞ。ビルの利用者リストも防犯カメラの映像も」
「僕は嘘なんか付いてない」
「その言葉は聞き飽きた!過ちを認めろ」
「僕を苛めて楽しんでるんだろ?
編集長は記者を庇うものなのに、あっちばっかり信用して。
ちゃんと僕を守れよ!」

vlcsnap-2014-10-10-18h13m49s246.jpg

帰り道、レーン編集長はグラスが冷静になるのを待って再度質問した。

「集会には出たのか?」
「いや、複数の情報提供者が同じことを言うから確実だと思った。
又聞きより、自分で見たことにした方が面白いと思って」
「フォーブスに言ったことは全部嘘か?」
「本当にごめんなさい。読者に謝罪するよ。君がそうしろというなら」
「俺は真実を話して欲しいだけだ。出来るか?」

やっとのことでグラスは捏造を認めた。
レーン編集長は、内心頭を抱えていた。
これからやることが山程ある。

vlcsnap-2014-10-10-18h14m07s153.jpg
<その3に続く>

<ニュースの天才:関連作品>

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ニュースの天才1
ジャーナリストは何故記事を捏造をするのか。

実際の事件を元に厳しく問掛ける社会派映画。
捏造が如何に突き崩されてゆくかが緻密に描写されており、
それを巡る人間心理も考えさせられる作品。
興行は惨敗だったようだが、映画の完成度は高い。



allcinema
MovieWalker
Wikipedia
映画批評

<作品データ>
脚本・監督:ビリー・レイ
公開:2003年
日本配給:ギャガ

<出演>
vlcsnap-2014-10-05-14h17m24s85.jpg
スティーヴン・グラス:ヘイデン・クリステンセン

vlcsnap-2014-10-05-16h08m04s158.jpg
チャック・レーン:ピーター・サースガード

vlcsnap-2014-10-05-14h20m32s174.jpg
ケイトリン:クロエ・セヴィニー

vlcsnap-2014-10-05-16h13m10s158.jpg
アダム:スティーヴ・ザーン

vlcsnap-2014-10-05-16h17m27s175.jpg
アンディ:ロザリオ・ドーソン

vlcsnap-2014-10-05-16h16m40s221.jpg
エイミー:メラニー・リンスキー

vlcsnap-2014-10-05-15h59m31s173.jpg
ケリー編集長:ハンク・アザリア

vlcsnap-2014-10-05-16h03m35s44.jpg
ペレツ社長:テッド・コッチェフ

<ストーリー>
vlcsnap-2014-10-07-13h03m13s255.jpg

高校に英雄が帰還した。
その日、1人の卒業生が母校に帰って来た。
彼の名はスティーブン・グラス(ヘイデン・クリステンセン)という。
現在、雑誌記者として華々しく活躍する男だ。
グラスは、如何にして成功したのか。
元・担任教師は、その経験談を語って貰おうとグラスに講演を頼んだ。
かつての学舎に帰って来たグラスは、後輩達を前に熱く語り始めた。

vlcsnap-2014-10-07-12h57m46s51.jpg

グラスが勤めるのは「ニュー・リパブリック」という名門誌だ。
雑誌業界は競争が激しい。
雑誌同士の競争もあれば、記者同士の競争もある。
スクープを取るか取られるか。
超の付く競争社会だ。
隙があれば他者を出し抜こうと、誰もが躍起になっている。
そんな世界で、グラスは史上最年少で名門誌に登用された
それは、グラスが気配りの出来る男だったからだ。
同僚の趣向を常に把握し、会話ではジョークを飛ばして場を和ませる。
それでいて、書く記事はユーモアと鋭い視点を兼ね備えている。
誰からも愛され、一目置かれる。
グラスは、そんな男だった。

vlcsnap-2014-10-07-12h59m26s22.jpg

雑誌の世界は華やかに見える。
が、記者のやることは地味そのものだ。
まずは取材する。
あらゆる人に会って、徹底的に話を聞く。
身分を偽ってはならない。
不法行為も厳禁。
見聞きしたことは、何から何までノートにメモする。
この大量の取材ノートを元に、記事を執筆する。
そのチェックも厳しい。
読んで面白いかという感性の問題から、
単語や文章に間違いがないかという国語上のミス、
更に記事内容の裏付けという根本的問題に至るまで、
多数のチェックが入る。
指摘されるとその度に書き直し、それでも直し切れないと不採用になる。
精神的に追い詰められる仕事だ。

vlcsnap-2014-10-05-15h56m58s174.jpg

グラスの直属上司は、ケリー編集長(ハンク・アザリア)という男だ。
記者仲間は、誰もが尊敬し慕っている。
上層部が記者に意地悪な要求をすると、率先して抗議する。
部下がミスをすると、身を盾にして守る。
人望の高い、頼りがいある人物だ。
だが、それはあくまで下から見た人物評だ。
下を庇って何かと上に楯突く。
上からすれば、これ程面白くない男はいなかった。
特にケリー編集長を嫌っているのが、
会社のトップであるペレツ社長(テッド・コッチェフ)だ。
2人の仲が険悪なのは、社内中の噂だ。
そんな噂が、とうとう最悪の形で爆発する日が来た。
ペレツ社長が、ケリー編集長を解雇してしまったのだ。

vlcsnap-2014-10-07-13h10m35s58.jpg

記者達は誰もが反発した。
だが、決定が覆ることはない。
後任に抜擢されたのは、レーン(ピーター・サースガード)という平の記者だ。
誠実だが、面白みのない堅物で通っている。
グラスは、ケリー編集長の解雇には誰よりも反発した。
だが、一旦後任が決まると取り入るのも早かった。
誰よりも空気を読み、瞬時に機転を利かせる。
それが、グラスの世渡りだ。

vlcsnap-2014-10-05-16h12m25s217.jpg

レーン編集長が就任して間もなく、グラスは早速スクープをモノにした。
『ハッカー天国』と題されたその記事は、
10代のハッカー少年イアンが、
大企業ジュークマイクロニクス社のサイトに侵入したという内容だ。
社はイアンを訴えるより味方にすべきと考え、
コンサルタント契約を交わしたという。
無名の少年が巨万の富を得た大スクープだ。
『ハッカー天国』は、業界中の話題になった。
特に歯噛みしたのは、ライバル誌フォーブスの編集部だ。
何故こんな大スクープを素っ破抜かれたのか。
フォーブスの記者・アダム(スティーヴ・ザーン)は、
早速記事内容の検証を始めた。

vlcsnap-2014-10-05-16h13m34s122.jpg

『ハッカー天国』は、驚くべきものだった。
内容がではない。
記事そのものがだ。
検証が進むと、この記事は1から10までおかしかった。
まず、「ジュークマイクロニクス」という会社が存在しない。
ハッカー仲間が集会を開いて祝ったと記述されているが、
どのハッカーに聞いてもイアンという少年を知らない。
そもそも、このイアンという少年自体が存在しない。
イアンだけでなく、記事に登場するあらゆる人物が存在しない。
何から何まで架空の内容だ。
裏が取れたのは、せいぜいアメリカ合衆国にネバダ州が存在すること位だ。
調べ上げたアダムは、しめたとほくそ笑んだ。
こんな馬鹿げた誤報を一流誌が報道したこと自体が、巨大スクープになるからだ。

vlcsnap-2014-10-07-13h15m52s155.jpg
<その2に続く>

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

きみに読む物語3(最終)
※ネタバレ注意

<その3>
vlcsnap-2014-10-01-17h04m01s22.jpg

デュークの読み聞かせる物語は、いよいよ佳境だ。
聞き入っていた老婦人は、溜息を漏らした。
「美しいわ。美しいお話」
続きが気になるところだが、そろそろ日が落ちる。
2人は屋外のベンチを引き払って、室内に場所を移した。

vlcsnap-2014-10-01-17h10m51s13.jpg

老婦人の部屋には、キャンドルと2人分の食事が用意されていた。
デュークが予め手配したものだ。
老婦人はデュークと食事を摂りながら、物語の続きをせがんだ。
「それでどうなるの、物語は?」
ノアとロン、
2人の男性を愛したアリーは一体どちらを選ぶのか?
デュークは、その問掛けには答えず結論だけを伝えた。
「……そして、幸せに暮した」
老婦人は訳が分からず再度尋ねた。
「誰が?誰がよ?」
デュークは何も答えなかった。
ただ、静かに老婦人を見つめるだけだ。
そう、言わなくても老婦人は知っている。
この物語がどうなるのか。
老婦人は、懸命に頭を働かせた。
すると、霞んでいた記憶の輪郭が蘇って来た。
「そう……そうよ。
ハッキリ思い出した。
その物語は……私達ね。私達よ!」

あの時、アリーが選んだのはノアだった。
アリーはカバン2つ抱えてノアの胸に飛び込んだ。
ロンを捨て、家を捨て、自分の愛を貫いた。

vlcsnap-2014-10-02-15h02m59s58.jpg

この物語を読んで聞かせるデュークという男性こそが、
あの時アリーが選んだノアなのだ。
デュークと老婦人は泣きながら抱き合った。
「ノア、あたしどうしたの?」
「別に。ちょっと遠くへ行っていただけだ」
「どの位持つの?」
「分からない。この間は5分と持たなかった」
時間が無い。
2人はレコードを聞きながら、思い出のダンスを踊った。
初めてデートした夜に、路上で踊ったあの時のように。
時が流れても、2人の愛は確かだった。
デュークことノアは、認知症を患った妻の記憶を取り戻そうと、
自分達の物語を読んで聞かせていた。
物語を綴ったのはアリー本人だ。
アリーの記憶は長く持たない。
またすぐに途切れる。

vlcsnap-2014-10-02-15h05m41s157.jpg

人の命は有限だ。
長い年月の間に老婦人の記憶が衰えたように、
デュークの肉体もまた残酷に衰えていた。
心臓を患うデュークは、
毎日大量の薬を服用してやっと命を繋ぎ止めている状態だった。
それも、そろそろ終りだ。
老婦人が一時的に記憶を取り戻した翌日、
デュークは発作を起こして病院に担ぎ込まれた。

vlcsnap-2014-10-02-15h07m41s73.jpg

デュークと引き離された老婦人は、
他の入所者との相部屋で恐怖に襲われていた。
また、いつ記憶が遠のくかもしれない。
デュークと会えなくなるかもしれない。

vlcsnap-2014-10-02-14h06m06s252.jpg

また、不安の夜が来た。
老婦人は1人ベッドで横になっていた。
そこへ、忍び足のデュークがやって来た。
病院を抜け出して、妻に会いに来たのだ。
1秒でも一緒に居たい。
そんなデュークの思いを察してか、
当直看護師は、少しだけナースセンターの席を外していた。

vlcsnap-2014-10-02-09h21m15s22.jpg

デュークは、老婦人に語り掛けた。
「物語を読んでやれなくて悪かったね」
「とても怖かったわ。戻って来ないかと思った」
「君を1人にはしない」
「どうなるのかしら。何も思い出せなくなる日が来たら。
あなたどうする?」
「こうして側に居る。決して離れない」
「あなたは、私達の愛が奇跡を起こすと思う?」
「勿論だとも。だからこそ、今までも君は時々戻って来ただろう」
「なら私達、一緒に死ねるかしら」
「私達が望むことは、何でも叶う」

デュークは、老婦人の隣に寝転んだ。
初めてデートした夜、路上で寝転んだあの時のように。
2人は手を握り合って目を閉じた。
「お休み」
「お休み、また会おう」
The Notebook (6/6) Movie CLIP - I'll Be Seeing You (2004) HD

vlcsnap-2014-10-02-09h23m37s163.jpg

翌朝、看護師は老婦人のベッドを確認して、
冷たくなったデュークと老婦人を発見した。
2人は手を握り合い、安らかに天国へ旅立った。
最期に見たのは、共に渡り鳥の夢だった。

ジェームズ・ガーナー:「きみに読む物語」 [サンテレビ] 2013年05月16日 19時30時00秒(木曜日)

<ジェームズ・ガーナー:関連作品>

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

きみに読む物語2
<その2>
vlcsnap-2014-09-30-14h38m44s75.jpg

ノアとアリーが不本意に破局して暫く後に、第二次大戦が勃発した。
アリーは看護師に志願した。
病棟には、多数の兵隊が運び込まれて来る。
中にはちょっと変わった男もいた。
アリーの受け持ちに、ロン(ジェームズ・マースデン)という負傷兵がいた。
ロンは全身を包帯に巻かれて身動き一つ取れない。
なのに、そんな状態でアリーにこんな事を囁くのだ。
「今度一緒にデートしない?ダンス得意なんだ」
アリーは呆れながら、ロンをベッドに寝かし付けた。
「怪我を治したら、考えてあげる」
深刻な状況でも、何故かユーモアを忘れない。
ロンは、少々記憶に残る男だった。

vlcsnap-2014-09-30-14h38m17s66.jpg

1年後、アリーは街でロンと再会した。
治療を遂えたロンは、見違える程ハンサムな青年になっていた。
「約束通り怪我を治した。デートしてくれ」
アリーの新たな恋が始まった。

vlcsnap-2014-10-01-17h27m38s84.jpg

ロンは素敵な人だった。
優しくてユーモラスで魅力たっぷりの好青年だ。
資産家で家柄も良く、アリーの両親も交際に大賛成だ。
恋は日に日に実った。
2人の間には何の障害もない。
結婚しない理由はなかった。

vlcsnap-2014-09-30-14h51m08s89.jpg

ロンとの結婚を控えてウエディングドレスを試着をした朝、
アリーの運命はまた大きく変わった。
新聞に、ノアの記事が出ているのを発見したのだ。
ノアのことは忘れていた。
いや、考えないようにしていた。
新たな恋を掴んで、漸く吹っ切れ掛けた。
そんな矢先の出来事だった。

vlcsnap-2014-09-30-19h58m43s132.jpg

アリーと破局した後、ノアの運命もまた波乱に満ちていた。
ノアは徴兵され、戦地へと旅立った。
過酷な兵役を遂えたノアが帰国すると、
それを労って父・フランクが意外な土産を用意して待っていた。
自宅を売却してウィンザー農園を買い取ったのだ。
ノアは、廃墟となったウィンザー農園の改築を始めた。
かつてアリーと夢を語ったあの屋敷だ。
毎日が飛ぶように過ぎてゆく。
やがて、年老いた父・フランクが亡くなった。
そんな中も、ノアは狂ったように改築を進めた。
アリーが別の恋人を作ったことは知っている。
それでも、この屋敷が改築出来た日には必ずアリーが来てくれる。
そんな気がした。

vlcsnap-2014-09-30-19h55m51s216.jpg

気の遠くなるような工程を経て、ノアは改築をやり遂げた。
アリーの注文通り、白い外壁にアトリエとポーチを備えた夢の御殿だ。
屋敷は忽ち評判になった。
高値で買い取りたいという人が何人も現れた。
だが、ノアは売ろうとはしなかった。
この話は、いつしか新聞記事になった。
アリーが読んだのは、その記事であった。

vlcsnap-2014-09-30-19h55m37s71.jpg

記事を読んだアリーは、車を飛ばしてウィンザー農園を訪ねた。
結婚式は数日後だ。
でも、どうしても会いたかった。
ノアと別れて、もう7年になる。
1日たりとも忘れたことはなかった。
会いたいという気持ちをずっと抑え続けて来た。
ノアは手紙一通くれなかった。
もう、自分のことなどどうでも良くなったのだろうか。
会って確かめておきたかった。
7年振りに再会したノアは、髭を蓄えてすっかり男振りが上がっていた。
アリーがぎこちなく挨拶すると、ノアは屋敷の中に招いてくれた。
7年振りに見るノアは、何倍も魅力的に思えた。
しかし、アリーはもうすぐ結婚する身だ。
アリーがそれを報告すると、ノアは寂しそうな表情を浮かべた。
「愛してるの?」
アリーは「勿論よ」と頷いた。
嘘ではない。
確かにロンを愛している。
アリーの率直な気持ちだった。

vlcsnap-2014-09-30-20h07m10s97.jpg

その晩、ノアとアリーは一緒に食事した。
食後はポーチで詩を朗読した。
どちらも7年振りだ。
話してみると、ノアは全然変わってなかった。
何故か打ち解けられる。
アリーは、このまま流される気がして心にブレーキを掛けていた。
「帰るわ」
帰り際、ノアは明日の朝もう一度来て欲しいと頼んだ。
どうしても見せたいものがあるという。
アリーは「これが最後」と自分に言い聞かせて、その誘いを承諾するのだった。

vlcsnap-2014-09-30-20h54m16s200.jpg

翌早朝、アリーはノアのボートに乗せられて湖にやって来た。
その湖は、渡り鳥が巣にしている。
鳥の好きなアリーは、驚きで目を丸くした。
辺り一面、鳥だらけなのだ。
「凄く素敵。夢みたい」
アリーは、ノアに促されて餌をやった。
鳥たちは、人間を恐れる素振りは見せずに2人のボートに群がって来た。

vlcsnap-2014-09-30-21h31m20s155.jpg

湖からの帰りは雨だった。
ポツポツなんてものじゃない。
土砂降りだ。
濡れネズミになったノアとアリーは、
何故かそれがおかしくて笑い転げていた。
ノアと居ると確かに楽しい。
あの夏の恋は、間違ってなかった。
だからこそ、アリーはどうしても納得がいかなかった。
岸に辿り着いたところで、アリーの心を抑えていたブレーキペダルが吹っ飛んだ。
「何故手紙をくれなかったの?
終ってなかった。
7年間ずっと待ってたのに!」
アリーが怒鳴り付けると、ノアは真っ向から反論した。
「365通書いた。1年間毎日書き続けた。
愛してる。今も愛してる!」
それ以上の言葉は要らなかった。
2人は固く抱き合ってキスしていた。
It's Not Over - The Notebook (3/6) Movie CLIP (2004) HD

vlcsnap-2014-09-30-21h48m24s169.jpg

翌朝、アリーはノアの屋敷で目を覚ました。
ベッドにノアは居なかった。
傍らを見やると書置があった。
『買い出しに行ってくる。矢印の先を見て』
辿ってみると、アトリエに絵画用具一式が用意してあった。
アリーは早速絵筆を執った。
ポーチから美しい景色が見える。
7年前に注文した通りだ。
ノアは、アリーを忘れていなかった。

vlcsnap-2014-10-01-16h02m23s155.jpg

アリーの筆がスラスラ進む中、不意に呼鈴が鳴った。
出てみると、そこに居たのは母・アンだった。
嫁入り前の娘が遠出したまま帰らないので、追い掛けて来たのだ。
「ロンが来るわよ。パパが話したの」
アリーは、それを無視して尋ねた。
「手紙を隠したの?」
アンはあっさり隠したと認めた。
そして、憤慨するアリーに服を着るよう促した。
会わせたい人がいるという。

vlcsnap-2014-10-01-16h04m20s51.jpg

アリーとアンの車は、砕石場にやって来た。
見るからに荒くれ男たちが、スコップを手に汗を流しているのが見えた。
アンは、その中の1人を指差してアリーに話して聞かせた。
「あの人、今は見る影もないけど、25年前はとても素敵だった。
あたしはあの人と恋に落ちた。
そして、お爺さんの猛反対を押し切って駆け落ちした。
でも、隣町に着く前に警察に捕まった。
今になって思うわ。
今の暮しは、とても幸せなんだって。
パパはいい人よ。
優しくて、良くしてくれるし……信じて、パパのこと愛してるのよ」
アンは泣き崩れていた。
アリーは「もう分かったから」とアンを抱締めた。
アンは、ずっと未練を引き摺って来た。
だが、愛を貫いたから幸せがあるとも言えない。
そのジレンマが、アンを苦しめ続けた。
身分の違う恋の難しさを誰よりも知っているからこそ、
アンは娘の恋路を邪魔し続けてきたのだ。

vlcsnap-2014-10-01-16h10m49s99.jpg

アリーとアンの車は、再びノアの屋敷に戻って来た。
ノアは帰宅していた。
アンはアリーを降ろして、手紙の束を持たせた。
ノアが送って来た365通の手紙だ。
アンは最後に一言言い残して車を出した。
「正しい選択をしてね」

vlcsnap-2014-10-01-16h34m26s197.jpg

アリーに最後の決断の時が来た。
ノアのこともロンのことも好きだった。
でも、選ばなければならない。
アリーにとって、それは究極の選択だった。
ノアとそのことを話すと、
いつしか怒鳴り合いになっていた。
何故かノアの前では、アリーは感情が剥き出しになる。

「どうする?」
「分からない」
「またそれか。安全を選ぶのか?結局は金か?俺と居ろよ!」
「どうしてよ?」
「未来を想像しろ。40年後誰に隣に居てほしい?
誰がどう思うとか、傷付くとか考えるな。
君はどうしたい?」
「あたしは帰る」
What Do You Want? - The Notebook (4/6) Movie CLIP (2004) HD

vlcsnap-2014-10-01-16h45m13s8.jpg

アリーは、ノアの引留めを振り切って車に飛び乗った。
だが、暫く走ったところで運転出来ずに停車した。
涙で前が見えない。
アリーは、車中で手紙の封を切った。

『愛するアリー。
僕達は、本当に終ってしまったんだね。
でも、あの愛は本物だったと心から言える。
もし、将来何処かで大人の女性になった君に会えたら、僕は笑いかけるよ。
そして、緑の中で多くを学び、愛を育んだ夏を思い起こすだろう。
最高の愛は魂を目覚めさせ、人を成長させる。
心に火を付け、精神に安らぎを与える。
君がそれをくれた。
僕も君にあげたかった。
愛してる。また会おう。ノア』
The Notebook (5/6) Movie CLIP - The Best Love (2004) HD

vlcsnap-2014-10-01-17h00m13s49.jpg
<その3に続く>

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

きみに読む物語1
2組のカップルを通して、
身分違いの愛を貫けるかどうかを描いたラブストーリー。



allcinema
映画.com
Wikipedia
外国映画、洋画

<作品データ>
脚本:ジェレミー・レヴェン
脚本補:ヤン・サルディ
原作:ニコラス・スパークス
監督:ニック・カサヴェテス
公開:2004年
配給:ギャガ

<出演>
vlcsnap-2014-09-24-15h25m16s59.jpg
デューク:ジェームズ・ガーナー

vlcsnap-2014-09-24-15h21m27s86.jpg
老婦人:ジーナ・ローランズ

vlcsnap-2014-09-30-12h05m24s245.jpg
ノア:ライアン・ゴズリング

vlcsnap-2014-09-30-11h49m47s76.jpg
アリー:レイチェル・マクアダムス

vlcsnap-2014-09-28-17h15m13s85.jpg
フランク:サム・シェパード

vlcsnap-2014-09-30-12h26m22s25.jpg
ジョン:デイヴィッド・ソーントン

vlcsnap-2014-09-30-11h14m29s151.jpg
アン:ジョアン・アレン

vlcsnap-2014-09-30-11h35m21s132.jpg
フィン:ケヴィン・コナリー

vlcsnap-2014-09-24-15h21m39s205.jpg
エスター:スターレッタ・デュポワ

vlcsnap-2014-09-30-14h38m23s120.jpg
ロン:ジェームズ・マースデン

<ストーリー>
vlcsnap-2014-09-30-12h42m15s74.jpg

閑静な町外れに一軒の養老院があった。
設備の充実したこの養老院には、多数の老人が入所している。
ここの住人・デューク(ジェームズ・ガーナー)は、
1人の老婦人(ジーナ・ローランズ)の個室訪問を日課にしていた。
老婦人は認知症だ。
デュークは毎日通っている。
なのに、日によって「あなたどなた?」の繰り返しだ。
デュークは、粘り強く通い詰めて"ある物語"を読んで聞かせた。
それは、若き男女の出会いと恋路を描いたラブストーリーだ。
老婦人が物語をどの程度理解出来ているかは分らない。
しかし、デュークの日課は着実に実を結びつつあった。
老婦人は、次第に物語の続きを知りたがるようになっていたのだ。

vlcsnap-2014-09-28-21h20m26s35.jpg

その物語は、今から40年前の田舎町に始まる。
夏祭りの晩のことだった。
祭りを見物していた青年・ノア(ライアン・ゴズリング)は、
たまたま目に入った1人の少女・アリー(レイチェル・マクアダムス)に一目惚れした。
ノアは、果敢にアタックした。
「僕と踊らない?」
いきなり言われて驚いたアリーは、誘いを断って観覧車に逃げて行った。
諦め切れないノアは、支柱をよじ登って追い掛けた。
「僕とデートする?」
アリーが再度断ると、ノアは片腕だけで支柱にぶら下がってみせた。
「僕とデートしない?」
転落したら確実に死ぬ。
アリーは強引な申込に腹を立てながらも、結局は根負けしてしまうのだった。

vlcsnap-2014-09-24-15h31m39s62.jpg

こうして取り付けたデートは、ただ映画を見に行くだけのささやかなものだった。
映画館からの帰り道、2人は互いの身の上を話し合った。
進学を控えたアリーは、これからやることが山程あるという。
数学、ラテン語、テニス、ダンス、フランス語、ピアノ、読書……
アリーがこぼすと、ノアは不思議がって答えた。
「それは、君が"しなくちゃいけない事"だろ?
君が"したい事"は何だ?」
答えに窮したアリーを尻目に、ノアは突然交差点に寝転んで見せた。
夜の田舎町なので、今のところ車の往来は無い。
しかし、いつ来るとも限らない。
アリーが立ち上がるよう促すと、ノアは構わず答えた。
「君も横になれ。
やりたいなら、やってみろ。
自分を抑えるな」
路上に寝転んだところで何があるでもない。
だが、それはアリーが経験したことのない危険な匂いがした。
誘惑に駆られたアリーは、ノアの隣に寝転んでみた。
並んで寝転ぶと馬鹿みたいだ。
なのに、不思議な開放感があった。
アリーは、先の質問に答えた。
「絵よ。絵を描くのが好き」
間もなく車がやって来た。
2人が慌てて身を避けると、運転手の怒鳴り声が響いた。
「バカヤロー!」
スリル満点がツボにハマったのか、アリーは笑い転げていた。
「面白かった!」
車が去った後、2人は路上でダンスを踊った。
路上で音楽を口ずさみながら踊ると、やはり馬鹿みたいだ。
この馬鹿みたいなデートが、アリーは何故か楽しかった。

vlcsnap-2014-09-24-16h07m32s71.jpg

若者の恋は、あっという間に進行する。
気が付くと、ノアとアリーはすっかり恋人同士だった。
ノアが製材所の仕事を終えると、アリーは必ず待っていた。
1秒でも一緒に居たい。
休日は必ずデートに行った。
何処へ行っても、何をしても、楽しくて仕方がなかった。
2人はよくケンカもした。
そして、必ず仲直りした。
それは、互いに嘘偽りない率直な気持ちでぶつかっている証拠でもあった。
馬鹿みたいで元気一杯の、夢中になれる関係だ。
その関係は、外からはどう見えるのだろう?
The Notebook (1/6) Movie CLIP - If You're a Bird, I'm a Bird (2004) HD

vlcsnap-2014-09-30-13h39m16s231.jpg

2人は、互いを両親に紹介した。
ノアは、父・フランク(サム・シェパード)と2人暮しだ。
アリーが家を訪問すると、
フランクは歓迎してパンケーキを振る舞ってくれた。
楽しいお喋りの中で、フランクはノアの幼少期を話してくれた。
吃音で苦しんだノアは、
克服のために詩の朗読を繰り返したという。
それを聞いたアリーは、驚きを隠せなかった。
アリーの知っているノアは、初めて会った時からずっと饒舌で、
何でも話してくれる人だった。

vlcsnap-2014-09-30-12h25m10s57.jpg

続いて、アリーの家をノアが訪問した。
こちらの一家には、両親だけでなく召使までいる。
ノアは庭園に設けられたテーブルに案内され、
豪華な食事を御馳走になった。
席上、ノアはアリーとの身分差をつくづく思い知らされていた。
ニューヨークの大学へ進学が決まったアリーに比べ、
ノアは製材所で日銭を稼ぐしがない労働者に過ぎない。
それでも、アリーを愛する気持ちは誰にも負けない。
一生愛し続ける。
そのつもりでいた。
その覚悟を知ってか知らずか、
アリーの両親は何処か冷ややかな視線をノアに向けるのだった。

vlcsnap-2014-09-30-12h26m57s89.jpg

後日、ノアはアリーを秘密の場所に連れて行った。
そこは、かつてウィンザー農園の邸宅だった。
今は無人で荒れ放題になっている。
ノアの夢は、いつかここを買い取って自分の城に改築することだ。
ノアが熱く夢を語ると、アリーは注文を付けた。
「白い家にして。雨戸は青。
川を見下ろすアトリエがあって、紅茶が飲めるポーチが欲しい」
ノアは約束した。
いつになるか分からないが、必ず君の注文に応えてみせると。
2人は、ボロボロの廃墟の中で見果てぬ夢を思い描いた。

vlcsnap-2014-09-30-12h49m13s159.jpg

その晩、アリーは帰りが遅れた。
屋敷は大騒ぎになっていた。
午前2時になっても娘が帰らないので警察沙汰になる寸前だった。
ノアはアリーの両親に詫びを入れたが、聞いて貰える筈もなかった。
特にアリーの母・アン(ジョアン・アレン)はカンカンだ。
アンは激しく雷を落とした。
「ノアとは二度と会わないで。
夜中の2時まで男の子と一緒に遊び回ってるなんて絶対に許せない。
あんな子はあなたに相応しくない。
今日限り彼に会ったら許さないわよ」
アリーは反論した。
本気でノアを愛している。
決して浮ついた気持ちじゃないと。
気が付くと、アリーとアンは怒鳴り合いになっていた。

vlcsnap-2014-09-30-12h52m08s114.jpg

ノアは隣の部屋で待たされていた。
母娘の怒鳴り合いを聞いたノアは、静かに席を立った。
身分違い。
どうしても埋められない溝があると、
認めざるを得なかった。
夏が終れば、アリーは進学する。
とても追い掛けることは出来ない。
ノアは屋敷を出て行った。
アリーは謝りに出て来たが、
ノアは「1人で考えたい」と言い残して闇に消えて行くのだった。
The Notebook (2/6) Movie CLIP - The Breakup (2004) HD

vlcsnap-2014-09-30-12h53m41s15.jpg

翌朝、アリーが目覚めると既に荷造りが済んでいた。
娘が深夜に帰宅したのを重く見た両親が、
予定を切り上げて避暑を打ち切る決断を下したのだ。
アリーが何を言っても聞いて貰えない。
仕方なく、アリーは出発前に一目ノアに会いたいと製材所を訪ねた。
運悪く、ノアは配達に出て不在だった。
アリーは、ノアの同僚・フィン(ケヴィン・コナリー)を捕まえて頼んだ。
「一言だけ、愛しているとだけ伝えて」
アリーは心が張り裂ける思いで伝言を残すと、
両親の待つ車に乗り込むのだった。

vlcsnap-2014-09-30-12h55m16s191.jpg
<その2に続く>


テーマ:洋画 - ジャンル:映画



プロフィール

rps1979y

Author:rps1979y
※映画・ドラマの粗筋紹介は、
オチまで記してあるので御注意下さい。
管理人への連絡先はこちら

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon検索

楽天検索

楽天で探す
楽天市場

買物履歴

ブログランキング