色々鑑賞録
古い映画やドラマのあらすじを紹介してます
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

さすらい署長風間昭平3 えちご恋人岬殺人事件
北大路欣也主演の人気シリーズ第3弾。
予備校講師殺害事件とその教え子の自殺事件を発端に、
血の因縁が浮かび上がってくるというお話。
時に雪の吹き荒れる新潟、佐渡が舞台。
恒例の自転車での街巡りが、雪の降る中強行されているのがちょっと滑稽。
安定感のある作りで、話の流れはいつも通り。
後半にメインゲストの見せ場を作るためか、前半がやたら駆け足なのが残念なところ。

vlcsnap-2013-04-19-17h19m07s98.jpg

日曜イベントアワー
2サスでドン
2時間テレビドラマ
テレビドラマデータベース


<番組データ>
脚本:中岡京平
初回放送:2005年5月1日
地上波放送:テレビ東京「水曜ミステリー9」

<出演>
vlcsnap-2013-04-19-17h16m04s58.jpg
風間昭平:北大路欣也

vlcsnap-2013-04-19-17h19m35s119.jpg
堀之内彰:西田健、亀山平次:六平直政

vlcsnap-2013-04-19-17h58m01s140.jpg
本間貞三:磯部勉、江藤瑞希:渋谷亜希

vlcsnap-2013-04-19-17h16m21s218.jpg
北沢由岐:高松あい

vlcsnap-2013-04-19-17h24m18s132.jpg
武本敏子:村松恭子

vlcsnap-2013-04-19-17h28m37s165.jpg
相川菊恵:森月未向

vlcsnap-2013-04-19-17h29m40s22.jpg
伊達真弓:日下由美

vlcsnap-2013-04-19-17h35m38s14.jpg
吉岡孝太郎:久保山知洋

vlcsnap-2013-04-19-17h36m23s223.jpg
松平隆司:勝野洋

vlcsnap-2013-04-19-17h47m12s59.jpg
吉岡春子:多岐川裕美

vlcsnap-2013-04-20-16h34m50s201.jpg
雪の降る中ロケ強行中
「その土地を知るには自転車が一番」
いつものセリフが今回ばかりは物凄く不自然

<ストーリー>
全国各地の赴任地を渡り歩く警察署長・風間昭平(北大路欣也)が、新潟中署に着任した。
前任署長が急病に倒れたため、その代役として派遣されたのだ。
風間が着任して数日後、埠頭で変死体が発見されたという報せが入った。
被害者は、人気予備校講師の武本洋平(加納竜)という男だった。
死因は、腹を特殊な刃物で刺されたこと。
金品には手が付けられていなかった。
捜査官が他の所持品を調べていると、突如として武本の携帯が鳴った。
出てみると相手は何も言わずに電話を切った。
武本が死んだことを知らない誰かのようだ。

新潟中署は、捜査本部を設置して武本の周辺捜査を開始した。
武本は一体どんな人物なのだろう?
武本の妻・武本敏子(村松恭子)によると、
武本の元には教え子の父兄から度々抗議が寄せられていたという。
また、女遊びが激しいため夫婦仲も冷えきっていたようだ。
武本は仕事のトラブルに巻き込まれたのだろうか?
それとも、痴情の縺れで殺害されたのだろうか?
聞込みの結果、両方に合致する人物が浮上した。
伊達真弓(日下由美)という教え子の父兄だ。
真弓は武本と不倫関係だったらしい。
捜査官は手掛りを得るために真弓の張り込みを始めた。
しかし、真弓は尾行する捜査官を撒いて姿をくらましてしまうのだった。

翌日、真弓はマンションからの転落死体で発見された。
このマンションは武本の名義だ。
恐らく密会に使っていたのだろう。
状況からすると一見して自殺に見えた。
だが、携帯の記録を調べると武本の死後に電話を入れたのは真弓の携帯からだということが判った。
真弓が武本を殺して投身自殺を図ったとすると、この行動には疑問がある。
わざわざ、死んでいる武本に電話を掛ける理由が見当たらないのだ。
真弓もまた誰かに殺されたのではなかろうか?
真弓と武本の両方を殺す動機のある人物として、
真弓の夫・伊達敬一(篠塚勝)が捜査線上に浮上した。
捜査官は伊達を追求した。
伊達は、真弓との不仲は認めたが妻殺し、愛人殺し共に否認した。
真弓の携帯を使って武本に電話を掛け、妻に警察の疑いが向くよう仕組んでいただけなのだという。
アリバイの確認が取れたため、どうやら伊達は犯人ではなさそうだ。

捜査本部は、武本に恨みを持つ別の人物を捜査線上に乗せた。
吉岡孝太郎(久保山知洋)という予備校生だ。
孝太郎には恋人がいた。
北沢由岐(高松あい)という同級生で、数日前に身投げして自殺していた。
由岐が自殺に追い込まれたのは、通っていた予備校の講師に暴行されたのが原因らしい。
その暴行相手が、どうやら武本らしいのだ。
恋人を死に追いやった武本を孝太郎が殺害する。
その動機は十分にあるようだ。
風間は、孝太郎の自宅アパートを訪問してアリバイを訊いてみた。
孝太郎は、事件当時物産会社社長・松平隆司(勝野洋)に会いに行っていたという。
松平は地元の名士で、奨学金相談を受け付けている。
松平に確認を取ってみると、事件当時確かに会っていたと証言した。
どうやら間違いなさそうだ。

その頃、武本の口座から金の流れを追っていた捜査本部は、
松平が武本に毎月金銭を振り込んでいたことを突き止めていた。
何か弱みでも握られて強請に遭っていたのか?
武本のマンションを捜索した結果、隠し撮り写真が見つかった。
写っていたのは、松平と孝太郎、それに吉岡の母・吉岡春子(多岐川裕美)が、
連れ立って釣りに興じているところだった。
3人は丸で親子、松平と春子は夫婦のように見えた。
松平には別居している妻がいる。
松平と孝太郎の母・春子は不倫関係で、それをネタに武本に強請られていたのだろうか?

風間は春子に直接確かめてみることにした。
春子は現在佐渡で旅館の仲居を務めながら、竹細工工房の手伝いをしていた。
春子は、松平との不倫関係は否定した。
松平は佐渡の竹細工振興のために工房に度々足を運んできており、
それを通じて知り合っただけだという。
また、武本がどうして隠し撮り写真を所持していたのかにも心当たりはないという。
春子と武本は古い知合いだ。
両親のいない春子は施設で育った。
そこにボランティアに来ていたのが学生時代の武本だった。
それが十数年先に予備校講師と教え子の母という形で再会していたのだ。

風間は、続いて松平に確かめてみた。
一体春子とはどういう間柄なのか。
松平は、春子との因縁について話した。
ことは40数年前に遡る。
松平の父は貧しい漁師で、佐渡の裕福な造り酒屋へ出稼ぎに出ていた。
その酒屋の主人が愛人に産ませた子供が春子だった。
松平の父は、主人に命じられてその子供の処分を命じられた。
春子はまだ乳飲み子だった。
松平の父は、春子を荻浜の海岸に置いて立ち去っていた。
このことを松平の父は終生後悔し続けていた。
幸い春子は発見されて施設で育つことが出来たが、
松平の父の罪の意識が消えることはなかった。
松平の父は、今際の際に息子に訴えた。
「春子を守ってやってくれ」
これを受け、松平は父の遺志を継いで春子に影から支援し続けていたのだった。
「しかし、春子さんとの関係はそれだけじゃない。
現在別居中の妻とは離婚の話を進めています」
松平は、春子とは逆に男女の関係を認めた。
更に、所持品のマキリ小刀を差し出して告白した。
「私が武本を殺しました」
風間と同行していた捜査官は、呆気に取られながら松平を緊急逮捕するしかなかった。

しかし、この告白はどうも変だった。
死体発見時の状況を調べた結果、武本は別の場所で殺されて埠頭に遺棄されたことが判明していた。
なのに、松平は武本を埠頭へ呼び出して殺害したと証言している。
フェリーの乗船記録を調べた結果、武本は当日佐渡へ渡っていたことが判った。
新潟にいた松平が、武本を殺害するのは不可能なのだ。
風間がそれを指摘して松平を追求すると、松平は何も言えなくなってしまうのだった。

風間は佐渡に渡って春子に会い、真相を追求した。
春子は観念して全てを告白した。
10数年前、春子と武本の関係はただの知合いではなかった。
春子と武本は恋人同士だった。
そして産まれた子供が孝太郎、つまり武本は孝太郎の父親なのだ。
春子は武本との結婚を信じていた。
しかし、武本は春子を裏切って逃げ出していた。
春子が武本を殺害したのは、武本が教え子である由岐を暴行したのが発端だった。
怒った由岐の恋人・孝太郎は武本への復讐を母に打ち明けた。
このままでは息子が人殺しになってしまう。
それも相手は実の父親だ。
春子は、息子を守るために武本を呼付けて殺害した。
武本は悪党だ。
孝太郎に、自分が父親であることをいつ喋るとも知れなかった。
死体の遺棄は、松平に手伝って貰っていた。
これが真相だった。
春子は警察に逮捕された。

後日、死体遺棄の罪で拘留されていた松平の保釈が認められた。
松平は、春子の子・孝太郎の元を訪ねて来た。
松平は孝太郎に言った。
「一緒にお母さんが帰って来るのを待とう」
松平は孝太郎と親子になって、春子を待ち続ける決心を伝えるのだった。

北大路欣也、多岐川裕美:さすらい署長 風間昭平③えちご恋人岬殺人事件 [テレビ大阪] 2013年04月19日 13時00時00秒(金曜日)

多岐川裕美:関連作品


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rps1979y.blog.fc2.com/tb.php/13-8fbaa143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

rps1979y

Author:rps1979y
※映画・ドラマの粗筋紹介は、
オチまで記してあるので御注意下さい。
管理人への連絡先はこちら

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon検索

楽天検索

楽天で探す
楽天市場

買物履歴

ブログランキング