色々鑑賞録
古い映画やドラマのあらすじを紹介してます
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

危険物取扱者乙種4類
管理人は、先日「危険物取扱者乙種4類」という資格を取得しました。
これは、ガソリンや灯油、軽油、重油等の燃料を取り扱うのに必要な資格です。
資格取得を思い立った管理人は、まずAmazonで一番安い本を購入しました。

乙種4類危険物取扱者テキスト (チャレンジライセンス) [単行本]


この本は、乙種4類の基本的な説明と問題集で構成されています。
これを読むことで、乙種4類の概要が把握出来ました。
早い話が、乙種4類の学習内容は中学・高校の理科・化学の延長です。
理系や現役学生の方にとってみれば、何を今更みたいな内容なんだと思います。
しかし、管理人はズブの素人なので化学の基礎知識から勉強し直さねばなりませんでした。
これが結構苦痛でした。
繰り返し読んで、化学に慣れる。
そんな段階からのスタートです。
説明を読み終わると、章末ごとに問題集があるので実際にそれを解いてみます。
この本は、親切なことに問題文に説明ページのページ数が付記してあるので、
分からない場合はその都度説明ページに戻って確認します。
問題を解き終わると答え合わせです。
解答と解説は別冊の小冊子に載っていて、それを参照して答え合わせをします。
全176ページで、時々イラストや図解があるので初学者には取り組みやすい本だと思います。
管理人にはそれでも大変でしたが。
この本をバッチリ理解、暗記してしまえば十分合格出来ると思います。
管理人は、丸暗記が苦手なのでもう一冊問題集を購入して理解度を深めることにしました。

乙種4類危険物取扱者試験 精選問題300選 (国家・資格シリーズ 350) [単行本]


この本は、全部が問題集です。
解説は問題と同じページに掲載されていて、答えは次ページの下部に載ってます。
答え合わせする時に、次ページをめくればいいので勉強しやすいです。
全272ページ、ひたすら問題を解く、解説を読む、答え合わせをするを繰り返します。
注意点としては、この本はあくまで問題集であって参考書ではないということです。
表紙には「この1冊で合格できる」「テキストが要らない詳しい解説」と謳ってありますが、
ズブの素人がいきなりこの本で学習するのはキツイと思います。
管理人がいきなりこの本に取り組んでいたら間違いなく挫折していたでしょう。
この本は、乙種4類の概要を理解している人が、試験のためにより詰めるための本です。
乙種4類の試験は結構広い範囲から問題が出るので、
時間に余裕があって一発合格を狙う人はやっておいて損はありません。
難点として、誤植がかなり多いです。
ただ、こういう本は繰り返し読むものなので、間違いはすぐに判ると思います。
以下、管理人が気付いた誤植を載せておきます。
出版社の方、もし御覧になっていたら改訂しておいて下さい。

<正誤表>
P23:指定数量が0.6倍以上となるのは、(4)のクレオソート油ニトロベンゼン
P27:問題文は、一般取扱所の説明であり→販売取扱所
P50:【問題39】(2)(3)
P58:予防規程を定めたり、あるいは変更したときは市町村等の許可を受けなければならない→認可
P105:【問題103】(4)(5)
P112:【問題111】(1)(4)
P131:【問題8】(3)(4)
P166:【問題5】(3)(2)
P187:油火災に泡消火剤を放射して消火するのは、窒息効果と冷却効果です。→油火災に二酸化炭素消火剤を放射して消火するのは、窒息効果です。
P187:泡消火器による窒息効果です。→泡消火器による窒息効果と冷却効果です。
P255:その他、二硫化炭素、ハロゲン化物→二酸化炭素

2冊の本である程度自信が付いたので、管理人は2013年9月に受験申込を行いました。
申込には、インターネット申請と書面申請の2種類があります。

消防試験研究センター公式ホームページ(外部リンク)

ネット申請は、申請画面に必要事項を記入して指定の金融機関やコンビニで受験料を振り込むだけなので、
簡単だし安上がりです。
管理人は、当初ネット申請を行ったのですが仮受付完了メールが届かないトラブルがあったので、
書面申請することにしました。
まず、消防署の受付で危険物取扱者の願書を貰います。(タダで貰えます)
必要事項を記入して、郵便局で受験料を払込み、簡易書留で願書を郵送します。
試験の2週間ほど前には受験票が届きます。

2013年10月6日、管理人は大阪大学で受験しました。
試験会場までは、電車やモノレールなどの公共交通機関で行かないといけません。
車やバイクで行くと失格になります。
これから受検する人は、予め試験会場を下見しておくことを勧めます。
電車の乗り継ぎなどで、到着までに意外な時間が掛かることがあります。
試験当日持っていくものは、顔写真を貼り付けた受験票と、筆記用具の鉛筆と消しゴムです。
マークシート5択、全35問を2時間掛けて解くので、時間が足りなくなることはまずないと思います。
楽勝の人が多かったみたいで、途中退席する方が結構いらっしゃいました。
管理人は、判らない問題に悪戦苦闘しながら何とか2時間粘り通しました。

2013年10月24日、結果発表がありました。
管理人は、無事合格出来ました。
この日公式ページで合格番号が公表され、葉書の合格通知も届きました。

乙種4類は比較的簡単な試験と言われています。
確かに試験そのものは簡単でした。
ただし、これは覚えるべきことを覚えている人にとってみれば簡単だということです。
覚えてしまうまでは結構大変です。
特に、管理人のようなズブの素人は、
化学の基礎知識からなので覚えることが山のようにありました。
これから受験する人は、この試験を舐めて掛からないで下さい。
テキストを繰り返し解いて、自信を付けてから受験しましょう。
合格率は4割弱で、半分以上の受験者が落ちています。
十分な学力を身に付けてから受験しないと、
受験料が無駄になるのでご注意下さい。

以上、管理人の体験談でした。
これからこの資格を取得しようとする方は参考にしてみて下さい。

<危険物取扱者乙種4類:関連本>

テーマ:日記だよ - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rps1979y.blog.fc2.com/tb.php/28-7f598c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

rps1979y

Author:rps1979y
※映画・ドラマの粗筋紹介は、
オチまで記してあるので御注意下さい。
管理人への連絡先はこちら

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon検索

楽天検索

楽天で探す
楽天市場

買物履歴

ブログランキング