色々鑑賞録
古い映画やドラマのあらすじを紹介してます
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アリエスの乙女たち:9話
vlcsnap-2014-01-24-16h38m57s201.jpg
9話「愛なき妊娠」脚本:大原清秀

<出演>
vlcsnap-2014-01-24-17h16m12s42.jpg
水穂薫:南野陽子

vlcsnap-2014-01-24-17h19m39s68.jpg
久保恵美子:佐倉しおり

vlcsnap-2014-01-24-16h19m39s147.jpg
結城司:松村雄基

vlcsnap-2014-01-24-17h12m18s8.jpg
磯崎高志:石橋保

vlcsnap-2014-01-24-17h38m15s213.jpg
津川敬子:相楽ハル子

vlcsnap-2014-01-24-17h36m50s120.jpg
結城小百合:大場久美子

vlcsnap-2014-01-24-16h54m02s49.jpg
磯崎志乃:奈月ひろ子

vlcsnap-2014-01-24-17h34m27s242.jpg
長谷川千草:藤代美奈子


vlcsnap-2014-01-24-16h22m01s38.jpg
磯崎淳一郎:中尾彬、新谷由香:桂木文

vlcsnap-2014-01-24-17h24m24s94.jpg
雨宮ジュンヤ:深水三章

vlcsnap-2014-01-24-17h45m43s88.jpg
敬子の両親:結城美栄子、平泉征

vlcsnap-2014-01-24-17h08m00s177.jpg
由香の両親:稲垣昭三、福田公子

vlcsnap-2014-01-24-15h35m32s62.jpg
久保小夜子:梶芽衣子

vlcsnap-2014-01-24-17h23m08s112.jpg
マキ水穂:野川由美子

vlcsnap-2014-01-24-17h22m21s149.jpg
久保哲也:若林豪

<ストーリー>
女子高生・水穂薫(南野陽子)が、
陶工見習・結城司(松村雄基)に愛を告白しようとしたその時、
結城家の電話が鳴り響いた。
それは、小説家・磯崎淳一郎(中尾彬)が失踪したという報せであった。
急を知った薫と結城は、磯崎の息子・磯崎高志(石橋保)の自宅へ駆け付けた。
高志は八方手を尽くして探し回っていたが、
父の行方は杳として知れないという。
筆の進まない磯崎は、予てから自殺を仄めかす発言を繰り返していた。
今回は愛人・新谷由香(桂木文)を伴っての失踪だけに、
本気で心中する恐れがあった。
結城は、姉・結城小百合(大場久美子)から、
磯崎のお気に入りの場所が奥多摩渓谷であることを聞き出すと、
高志と薫を乗せて車を飛ばした。
辿り着くと、3人は声を枯らして磯崎を探し回った。
広大な奥多摩渓谷に、3人の声が虚しく轟いた。

vlcsnap-2014-06-06-19h44m31s137.jpg

2日後、磯崎と由香は奥多摩渓谷下流域で水死体となって発見された。
2人の腕はネクタイで結び付けられていた。
覚悟の心中だった。
2人の死体は荼毘に付され、それぞれ遺族によって葬儀が執り行われた。
磯崎側の喪主は妻・磯崎志乃(奈月ひろ子)であったが、
心労が祟って葬儀の手配などとても出来る状態ではなかった。
一人息子の高志が、母に代って親類縁者への応対に追われねばならなかった。
高志の級友である薫、結城、それに久保恵美子(佐倉しおり)の3人は、
少しでも役に立とうと葬儀の手伝いを買って出ていた。
薫と恵美子が受付に立つと、
磯崎担当の編集者らしき3人組がやって来た。
3人組は生前の磯崎を評して、早速世間話に興じていた。

「何時かはこうなると思ったよ。磯崎は不器用だったからな」
「ああ、浮気と本気の区別が付かん奴だった。すぐのめり込む」
「最期は死にのめり込むか」
「まあ、しかし死んだとなると本は売れるだろう」
「印税はガッポリ入って、奥さんも結構喜んでいるんじゃないか」

カチンと来た恵美子は、香典を差し出した3人に啖呵を切った。
「要りません。お持ち帰り下さい。
冷やかしの香典なんて意味がありません」
年下の娘に言われてムッと来た3人は言い返した。
「何だね、君は。身内じゃないんだろう?」
恵美子は一歩も引かなかった。
「身内です。いずれ磯崎家に嫁いでくる者です」
恵美子の迫力に圧されて、3人組はボヤきながら引き返していった。
いつもは気弱な恵美子が、この時ばかりは負けなかった。
隣に居た薫は、感心して恵美子を抱き締めた。
「恵美子さん、立派だった。強いわ」

vlcsnap-2014-06-06-19h46m13s135.jpg

こうして、磯崎の葬儀は薫たちの助けもあって無事執り行われた。
手伝いを遂えた結城が帰ろうすると、薫は追い掛けて呼び止めた。
「結城さん、ちょっと待って」
今日こそ言おう。
言うことがある。
今日を逃したら、いつ会えるか知れない。
振り返った結城に、薫は声を絞り出した。
「こんな時何だけど、私……」
その瞬間、傍らから女の呻き声が聞こえて来た。
声の方向を確かめると、結城の姉・小百合が蹲っているのが見えた。
2人は慌てて駆け寄った。
小百合は磯崎に最後の別れを言おうと葬儀会場まで来たものの、
本妻に遠慮して戸外で立ち尽くしていた。
しかし、そこで気分が悪くなって倒れてしまったのだ。
本妻と同じく、愛人の小百合もまた心身共に疲労の極みだった。

vlcsnap-2014-06-06-19h47m10s180.jpg

小百合は、結城によって自宅に担ぎ込まれた。
付き添っていた薫が見届けて引き返そうとすると、
結城は小さな壺を持って来て差し出した。
「薫、あんたには姉貴が世話になった。
こいつを、礼に取っておいてくれ。
俺の最初の作品だ。
大した出来じゃないが、礼をするったって俺には他に何も無いんでな」
照れる結城の手から、薫は笑顔で受け取った。
「ありがとう。綺麗。
ねえ、結城さんの仕事場、一度見に行ってはいけない?
知りたいのよ、陶器をどうやって作るのか」
切掛を掴むと、薫は思い切って結城に申し出ていた。
2人は、来週水曜日に工房で会う約束を交わした。
告白しそびれていた薫に、
思わぬチャンスが回って来ようとしていた。

vlcsnap-2014-06-06-19h47m57s145.jpg

約束の日、工房の前にやって来た薫は思わぬ人物と出会した。
結城の恋人・津川敬子(相楽ハル子)だった。
どうしてここに居るのか薫が戸惑っていると、敬子は挑戦的な目で睨み付けて来た。

「薫、あたしは負けないわよ。
司はあんたを愛してる。
だけど、そんなの問題じゃないわ。
司の心はあんたのものだけど、体は違うわよ。
あたしと司はかなり深い仲だったんだものね。
そう言えば分かるでしょ?
男と女の体の関係は、そう簡単に切れるもんじゃないわ。
今日だって、あたし司に呼ばれてたった今も……
薫、あんた司を賭けてあたしと体で勝負出来る?
自信があるなら遠慮無くどうぞ」

敬子に言われてショックを受けた薫は、
元来た道を引き返して行った。

『薫は、毫も司の愛を疑ってはいなかった。
だが、敬子にかつての司との関係の深さをまざまざと知らされた今、
澄み切った気持ちで司に愛の告白をする自信がなかった』

vlcsnap-2014-06-06-19h49m22s234.jpg

その日、薫はとうとう工房には現れなかった。
結城は、約束をすっぽかされて少々憤慨して自宅に帰った。
そんな結城に、姉・小百合がお茶を入れながら語り掛けて来た。

「司、薫さんのことだけど。
この間、薫さんここに会いに来たでしょ?
あの時薫さんは何を言いたかったのか、あなたは未だそれを聞いてあげてないわね。
薫さんがどんな気持ちか、あなたにだって分からない訳じゃないでしょ?
会ってあげなさい。
女は愛のためなら、傷付くことなど恐れないわ。
あたしだって磯崎先生のことで傷付いたわ。
だからって、姉さんが不幸だったと思う?
ううん。
先生は私に楽しい思い出も一杯残してくれた。
あたしは後悔していないわ。
司、女にとって一番辛いのは愛する人が振り向いてもくれないことよ。
会いなさい、薫さんに。
さっき、薫さんが表に来ていたわよ」

vlcsnap-2014-06-06-19h50m53s96.jpg

姉に促された結城は、後日改めて薫に手紙を出した。
その文面には、もう一度会いたいという結城の気持ちが率直に綴られていた。
受け取った薫は、感激して大喜びだ。
今度こそ伝えられる。
愛の告白が出来る。
薫が浮かれていると、傷心旅行から帰国していた母・マキ水穂(野川由美子)に、
散々冷やかしを入れられてしまうのだった。

vlcsnap-2014-06-06-19h51m43s101.jpg

再度の約束の日、薫に会うために工房を出ようとした結城の前に思わぬ人物が現れた。
それは、敬子の両親(平泉征、結城美栄子)であった。
両親の訪問目的は、結城にとって衝撃的な事実を報せるためのものだった。

『それが、長い別離の始まりになろうとは、
この時の薫には知る由もなかったのである』

ドラマ アリエスの乙女たち(第09話) [サンテレビ] 2014年01月22日 15時00分00秒(水曜日)

<中尾彬:関連作品>


テーマ:懐かしのドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rps1979y.blog.fc2.com/tb.php/63-16c686c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

rps1979y

Author:rps1979y
※映画・ドラマの粗筋紹介は、
オチまで記してあるので御注意下さい。
管理人への連絡先はこちら

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon検索

楽天検索

楽天で探す
楽天市場

買物履歴

ブログランキング