色々鑑賞録
古い映画やドラマのあらすじを紹介してます
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アリエスの乙女たち:11話
vlcsnap-2014-01-28-09h42m46s92.jpg
11話「私の全て捧げます」脚本:大原清秀

<出演>
vlcsnap-2014-01-28-19h32m15s61.jpg
水穂薫:南野陽子

vlcsnap-2014-06-10-19h53m09s188.jpg
久保恵美子:佐倉しおり

vlcsnap-2014-01-28-09h20m07s72.jpg
結城司:松村雄基

vlcsnap-2014-01-28-10h45m52s59.jpg
磯崎高志:石橋保

vlcsnap-2014-06-10-19h51m50s179.jpg
結城敬子:相楽ハル子

vlcsnap-2014-01-28-10h49m21s106.jpg
来栖順子:佐藤万理

vlcsnap-2014-01-28-10h58m07s251.jpg
結城小百合:大場久美子

vlcsnap-2014-01-28-09h26m08s86.jpg
磯崎志乃:奈月ひろ子

vlcsnap-2014-01-28-09h21m45s28.jpg
長谷川千草:藤代美奈子

vlcsnap-2014-01-28-09h57m10s19.jpg
雨宮ジュンヤ:深水三章

vlcsnap-2014-01-28-09h22m39s53.jpg
由香の父:稲垣昭三

vlcsnap-2014-01-28-10h49m45s100.jpg
大下直樹:宅麻伸

vlcsnap-2014-01-28-09h27m20s55.jpg
敬子の両親:平泉成、結城美栄子

vlcsnap-2014-01-28-09h18m45s26.jpg
芝園道代:初井言榮

vlcsnap-2014-01-28-09h20m18s183.jpg
長谷川欣吾:高橋昌也

vlcsnap-2014-01-28-09h57m43s100.jpg
マキ水穂:野川由美子

vlcsnap-2014-01-28-09h41m32s112.jpg
久保小夜子:梶芽衣子

<ストーリー>
仰星高校に卒業式の日がやって来た。
生徒会長・磯崎高志(石橋保)は、この日で高校生活にピリオドを打った。
卒業後は商事会社に就職する予定だ。
学業優秀な高志であったが、経済的にとても進学できる状態ではなかった。
式を終えた高志は、恋人・久保恵美子(佐倉しおり)にアパートで祝って貰った。
同席していた高志の母・磯崎志乃(奈月ひろ子)は、
息子の門出に新しい背広を買ってやれないことを酷く気に病んでいる様子だ。

vlcsnap-2014-06-10-19h49m19s134.jpg

見ていられなくなった恵美子は、
自宅に引き返して自分の振袖を取り出した。
困っている高志のためにお金を作りたい。
恵美子がそれを手に自宅を飛び出したところで、
異変に気付いた恵美子の母・久保小夜子(梶芽衣子)が引き止めに来た。
小夜子は、恵美子と高志の交際にずっと反対していた。
娘が恋人のために大事な振袖を処分しようとしている。
それを知ると、見逃せる筈もなかった。
恵美子は有無を言わさず母に引き戻された。
そして、高志に会うこと自体を固く禁止されてしまうのだった。

vlcsnap-2014-06-10-19h50m10s192.jpg

その頃、恵美子の親友・水穂薫(南野陽子)は、
帰り道に立ち寄った陶芸店で嬉しい発見をしていた。
恋人・結城司(松村雄基)の壺が売りに出されていたのだ。
薫は、迷うことなく購入した。
2万円の値札だったが、惜しみなく3万円を支払った。
薫は司が好きだった。
司の成功を誰よりも願っていた。
司が別の人と結婚しても、その気持に変りはなかった。
結ばれなくても愛し抜く。
そう覚悟していた。
司が丹精込めて焼き上げたこの壺が手元にあれば、
いつでも一緒に居られる。
そんな気がした。
幸せな気分で店から出て来た薫は、思わぬ人物と出会した。
それは今一番会いたくない人物、司の妻・結城敬子(相楽ハル子)であった。

vlcsnap-2014-06-10-19h51m38s62.jpg

敬子のお腹はもう随分大きくなっていた。
敬子は、「ちょっと一緒に来てくれない?」と薫の手を引いた。
連れて行かれたのは、デパートのオモチャ売り場だった。
そこに司が居た。
敬子は、産まれてくる子供のために夫と買物に来ていたらしい。
薫は司を見ると思わず凍り付いた。
司も気不味くて目を逸らした。
そんな薫を尻目に、敬子は当て付けに司に寄り添って見せた。

「薫さん、あなたはその陶器を眺めて司を偲ぶつもりらしいけど、
あなたに出来るのはそれだけよ。
あなたの愛には形が無いのよ。
あたしは司の妻。
司はあたしの夫。
それに赤ちゃんも産まれるわ。
それに引き換え、あなたは司の何?
どんなに司を愛したところで、あなたが司と一緒になれるどんな形があるっていうの?
薫さん、色々あったけどあたしの勝ちね」

敬子に嘲笑された薫は、唇を噛み締めてその場から駆け出して行った。

vlcsnap-2014-06-10-19h52m16s181.jpg

一方、薫の親友・恵美子の恋路もいよいよ破綻に差し掛ろうとしていた。
恵美子は母に禁じられているにも関わらず、高志のアパートに通い詰めるのを止めようとしなかった。
その夜、恵美子は帰りの遅い高志を心配して駅に迎えに行った。
雨の降る中、恵美子は高志の帰りを待ち続けた。
高志は終電になって漸く帰って来た。
酔っ払ってベロベロになっていた。
恵美子は高志に駆け寄ってハッと気が付いた。
ワイシャツに口紅の跡が付いている。
固まる恵美子を見て、高志は自嘲した。

「僕は今夜女を抱いた。
安キャバレーの女だ。
酔っ払って何も分からない。
恵美子さん、僕と別れてくれ。
僕はドンドン腐っていってる。
満員電車に揺られて、
安月給の為に朝から晩までペコペコして。
恵美子さん、僕なんかと付き合ってたら君まで汚れてしまう。
だから、別れる」

言い終わると、高志は雨の中を駆け出して行った。
恵美子が追い掛けたが、高志は後ろを振り返ろうとはしなかった。

vlcsnap-2014-06-10-19h53m41s3.jpg

その夜、恵美子は親友・薫の家を訪ねた。
恵美子の話を聞いてくれる人は、他にいなかった。
薫もズブ濡れの恵美子を見て察した。
余程のことがあったらしい。
薫は恵美子を家に上げると、タオルで拭いて事情を訊いてみた。
恵美子は苦しい胸中を打ち明けた。

「高志さんとはお終いだわ。
私はお付き合いしたいんだけど、高志さんが別れたいって。
アパートに行って幾らドアを叩いても開けてくれないの。
私、パパやママがどんなに反対したって、
将来は高志さんと一緒になる自信はあったの。
だけど、肝心の高志さんが……
卒業して何ヶ月も経たないのに、高志さんは変わってしまった。
輝きを失った平凡なサラリーマンになってしまった。
高志さん、そんな自分を蔑んで、そして私が重荷になって来たのよ。
汚れた世の中があの人をそうさせたの。
私……私、世の中には勝てない。
御免なさい、薫さん。
愚痴ばかり言って」

薫は、泣き崩れた恵美子を抱き締めて励ました。

「いいのよ、恵美子さん。
泣きたければ思い切り泣きなさい。
その代わり、明日は元気を出してね。
そして、高志さんを信じて愛し抜くのよ」

vlcsnap-2014-06-10-19h54m03s231.jpg

翌日、恵美子は授業中に突然自分が指名されたことに驚いた。
ずっと上の空だった。
何を訊かれているのか、サッパリ分からない。
恵美子が困っていると、数学教師・来栖順子(佐藤万理)が詰め寄ってきた。
「どうしたの?何処だか分からないの?
来年は大学受験だと言うのに、そんな事でどうするの?
廊下に立ってなさい」
恵美子は、昨夜の一件を未だ引き摺っている。
見兼ねた親友・薫は、間に入って何とか執り成してみた。
「先生、久保さんは今勉強出来る状態じゃないんです。
立っていろなんて、子供じみています」
薫は順子教師を静止しようと揉み合いになった拍子に、
つい体を突き飛ばしてしまった。
すると、これでよろけた順子教師は怒りに震えて薫に食って掛かった。
「水穂さん、これは何の真似?校内暴力よ。
教師への無礼は許せないわ。
罰として校庭20周なさい!」

vlcsnap-2014-06-10-19h54m44s117.jpg

薫は、一人無人の校庭を走った。
その姿を、順子教師は厳しい顔で睨み付けていた。
騒ぎを知って、担任教師・大下直樹(宅麻伸)が順子教師に駆け寄った。
「君は俺が婚約を解消したことで、水穂に八当りしているとしか思えん」
大下教師に窘められると、順子教師は猛然と反論した。
「冗談じゃありませんわ。
あたしは今まであの子に甘すぎました。
これからは厳しく指導したいと思っているだけです。
あたしの授業中に起こったことです。
先生は口を挟まないで下さい」
許すような気配はなかった。
薫は何とか20周を走り終えると、その場に力尽きて倒れ込んでしまうのだった。

vlcsnap-2014-06-10-19h55m09s119.jpg

その後、薫は自宅のソファで意識を取り戻した。
傍らに、大下教師が心配そうに寄り添っていた。
どうやら、倒れた後にここ迄担ぎ込んでくれたらしい。
薫が礼を言うと、大下教師は真剣な顔で薫の肩を抱いた。

「担任としては当然さ。
いや、今の俺の気持ちは担任ではないな。
水穂、君は結城が結婚したことで苦しんでいるんだろう?
俺の愛で、彼のことを忘れさせてみせる。
俺と君は、教師と生徒とは言っても歳は8つしか違わない。
君が卒業したら、結婚したい。
水穂、君が好きだ。
君も、俺のことを好いてくれるんなら……」

大下教師がキスしようと唇を寄せると、
薫は「止めて下さい」と拒んだ。
その瞬間、室内に呼び鈴が鳴り響いた。
薫がこれ幸いと出てみると、司の姉・結城小百合(大場久美子)が立っていた。
それを見て、大下教師は罰が悪そうに退散して行った。

vlcsnap-2014-06-10-19h56m37s228.jpg

小百合の訪問目的は意外なものだった。
それは、司と会って力付けてやって欲しいというものだった。
薫は当然渋った。
もう会わない。
敬子さんとの幸せを壊さない。
そう胸に誓っていた。
だが、小百合はどうしても会って欲しいと食い下がった。
司は、薫と破局して以来すっかり自暴自棄になっている。
あれ程好きだった陶芸にも身が入らず、
このままでは師匠・長谷川欣吾(高橋昌也)に破門を言い渡されるかもしれない。
「一度でいいの。
司に会って力付けてやって。
そうすれば、司はきっと立ち直れるわ。
お願い。お願いします。お願い、薫さん」
小百合の目は真剣だった。
本気の懇願だった。
ここ迄頼まれると、薫も流石に断ることは出来なかった。
「分かりました。
私、司さんを励ます自信なんて無いけど、
あの人の為になるのなら」

vlcsnap-2014-06-10-19h57m50s196.jpg

こうして、姉・小百合の図らいで薫は司と会うことになった。
待ち合わせの日、2人は海沿いの公園で再会した。
会いたかった。
死ぬ程会いたかった。
それでも、心を鬼にして今日まで我慢して来た。
感極まった薫は、司の胸に飛び込んだ。

「司、私を何処かへ連れて行って。
あなたが知ってる一番好きな所へ連れて行って。
そして、私を抱いて。
私、あなたが自分をメチャメチャにしていくのを見たくないの。
でも、何もしてあげられない。
私がしてあげられるのは、こんな事しかないの。
いいのよ、司。
私を好きにして。
その代わり、何もかも忘れて立ち直って」

司は嬉しかった。
薫の気持ちが心に沁みた。
だが、それでもこれは受けられないと言っている自分がいた。
司は、心惹かれながらも薫から体を離して答えた。

「薫、俺に構わないでくれ。
そんな事をすれば傷付くだけだ。
お前のその気持ちだけで十分だ。
俺は立ち直ってみせる」

vlcsnap-2014-06-10-19h58m23s11.jpg

そんなやり取りをする2人の前に、再びあの人物が現れた。
司の妻・敬子であった。
敬子は、鬼の形相で鉄パイプを握り締めていた。

「薫、司はどんなことがあっても渡さないわよ。
あんたなんか……あんたなんか死ねばいい!」

敬子は鉄パイプを振り回して薫に飛び掛った。
止めようとする司を突き飛ばし、敬子は逃げ惑う薫を襲った。
薫は身を交わし、何とか石段に逃れた。
追い掛けて来た敬子が、その瞬間足を踏み外して転げ落ちていった。
グッタリした敬子を見て、薫と司は慌てて駆け寄った。
敬子は妊婦だ。
このままでは危ない。

vlcsnap-2014-06-10-19h59m14s255.jpg

敬子は病院に担ぎ込まれた。
病床に付き添った薫は、苦しむ敬子の体をさすってやった。
敬子は不安に慄いていた。
子供が駄目になるのではないか。
それだけは嫌だ。
心細くなった敬子は、薫にポツリと漏らした。
「きっと、罰が当ったんだわ」
それは、敬子の生い立ちについてであった。
敬子は幼少期に産みの母を亡くした。
今の母は継母だ。
継母は、血の繋がらない敬子をとても可愛がってくれた。
そして、父の子を妊娠すると躊躇なく堕ろした。
産んでしまえば、血の繋がった子供ばかり可愛がって敬子を疎かにしてしまう。
それを恐れてのことだった。
敬子は、この事をずっと気に病んでいた。
自分の為に犠牲になった、生まれて来なかった命に罪の意識を感じていた。
「あたしの為に、あたしの弟か妹が日の目を見ることも出来なかったのよね。
もし、あたしの赤ちゃんが死んじゃったら、あたしの為に消えていったその子の罰よ。
あたしはどうなってもいい。
死んでもいい。
赤ちゃんだけは元気に産まれて欲しいの」

vlcsnap-2014-06-10-20h01m01s57.jpg

『単なる不良少女と思われていた敬子に、こんな一面があったのか。
薫は言い知れぬ感動を覚えた。

薫は聖母マリアに祈った。
例え、私の命を召されるとも、
司と敬子の子が無事でありますように。
それは、報われぬ愛に殉じようと誓った薫の愛の証であった』

ドラマ アリエスの乙女たち(第11話) [サンテレビ] 2014年01月27日 15時00分00秒(月曜日)

<大場久美子:関連作品>


テーマ:もう一度見たいドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rps1979y.blog.fc2.com/tb.php/65-a35e8204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

rps1979y

Author:rps1979y
※映画・ドラマの粗筋紹介は、
オチまで記してあるので御注意下さい。
管理人への連絡先はこちら

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon検索

楽天検索

楽天で探す
楽天市場

買物履歴

ブログランキング