色々鑑賞録
古い映画やドラマのあらすじを紹介してます
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アリエスの乙女たち:17話
vlcsnap-2014-02-06-11h08m08s126.jpg
17話「私の名は不倫少女」脚本:大原清秀

<出演>
vlcsnap-2014-02-06-11h33m39s81.jpg
水穂薫:南野陽子

vlcsnap-2014-02-06-11h44m45s82.jpg
久保恵美子:佐倉しおり

vlcsnap-2014-02-06-11h37m57s95.jpg
結城司:松村雄基

vlcsnap-2014-02-06-11h43m41s202.jpg
磯崎高志:石橋保

vlcsnap-2014-02-06-11h39m01s235.jpg
結城敬子:相楽ハル子

vlcsnap-2014-02-06-11h41m10s237.jpg
結城小百合:大場久美子

vlcsnap-2014-02-06-11h26m17s6.jpg
長谷川千草:藤代美奈子

vlcsnap-2014-02-06-11h41m36s221.jpg
椎名義照:内田稔、椎名夫人:谷口香

vlcsnap-2014-02-06-11h30m16s93.jpg
椎名マサヒコ:井上倫宏

vlcsnap-2014-02-06-11h43m14s185.jpg
徳永マミ:城源寺くるみ

vlcsnap-2014-02-06-11h05m59s117.jpg
刑事:小山武宏、高品剛

vlcsnap-2014-02-06-11h57m16s153.jpg
長谷川欣吾:高橋昌也

vlcsnap-2014-02-06-11h29m04s146.jpg
マキ水穂:野川由美子

vlcsnap-2014-02-06-11h29m12s228.jpg
久保小夜子:梶芽衣子

<ストーリー>
『薫は、失明した司のために陰ながら尽くし続けていた。
だが敬子は薫への憎しみを滾らせ、恐るべき策略を企んだのである。
それは、薫を我が子大介の誘拐犯に仕立て上げることであった。
薫には、身の潔白を証立てることも出来た。
だが、そうなれば逆に敬子は逮捕され子供はその母を失う。
司の嘆きと衝撃はいかばかりか。
薫は、敢えて自分を犠牲にする決意をしたのであった。
司への愛に殉じて』

女子高生・水穂薫(南野陽子)は、赤ん坊誘拐の容疑で逮捕された。
警察署に連行されて刑事の取り調べを受ける段になって、
薫は肝心なことに気づいた。
動機の方は敬子を逆恨みしたと答えれば済むが、
具体的な犯行を問われると何も答えられないのだ。
何せ見に覚えのないことなので、
何処でどうやって誘拐したことになっているのかがサッパリ分からない。
場所は公園の何処なのか?
その時赤ん坊はどうしていたのか?
ここで適当な作り話をすると、刑事にバレてしまう。
だからと言って犯行を否認する訳にもいかない。
薫は「覚えていない」「多分そうだった」「記憶違いだった」と、
あやふやな答えでその場凌ぎするしかなくなっていた。
調書を取る刑事たちも、次第に薫の様子がおかしいことに気付き始めた。

vlcsnap-2014-06-25-18h26m19s65.jpg

赤ん坊の父・結城司(松村雄基)も、この事件が全く納得出来ないでいる1人だった。
薫が赤ん坊を誘拐したところで何の得もない。
そもそも、薫はこんな幼稚な嫌がらせをする人間ではない。
こういうことをするとすれば、疑いたくはないが妻・結城敬子(相楽ハル子)だ。
刑事に心当たりを訊かれた時に、敬子は真っ先に薫の名前を出した。
今朝も、薫が逮捕された新聞記事を読んで妙に御機嫌だ。
まさか、自分の子を使って狂言誘拐を仕組んだとは考えたくないが……
司は疑念を抱えたまま、工房で陶器製作に追われた。
今日製作しているのは、百人一首が書かれた湯呑茶碗だ。
目の見えない司を補佐して、師匠の娘・長谷川千草(藤代美奈子)が和歌を詠み上げてくれた。
「瀬を早み岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」
水の流れが岩に遮られて離れ離れになっても又会えるように、
私達もいつかはきっと結ばれる、いや結ばれてみせる。
そんな意味の恋歌だ。
司は思った。
俺と薫も、その歌のように結ばれる日が来るのだろうか。

vlcsnap-2014-06-25-18h27m43s131.jpg

薫の取り調べはなおも続いていた。
そんな中、薫の房に司からの差し入れが届いた。
百人一首のカルタであった。
その中に、一枚だけ和紙に包まれた札があった。
薫はそれを詠み上げてみた。
「瀬を早み岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」
司が何を言おうとしているのか、薫は留置所の中で思いを馳せた。

『その歌に込められているのは、永遠なる愛の誓いであった。
司は今薫の側に近々と居た。
司のためならどんな苦難にも耐え抜ける。
薫はその決意を新たにしていた』

vlcsnap-2014-06-25-18h29m03s172.jpg

工房から帰宅した司は、思い切って敬子を問い詰めた。
誘拐事件は、お前が仕組んだんじゃないのか?
そう問掛けると、敬子は「妻を信じられないのか」と怒り出した。
しかし、どう考えても敬子の態度がおかしい。
司は、懸命に説得を重ねた。
「敬子、悲しいが疑わざるを得ないんだ。
俺と一緒に警察に行こう。そして、本当のことを話してくれ。
お前が考えるほど警察は甘くない。
お前が出頭しないでも、警察は恐らく誘拐事件当日のお前のアリバイを調べ上げる。
そうすれば、何もかも明らかになるんだぞ」
敬子は、中々首を縦に振らなかった。
「あたしは平気。幾らでも調べればいいんだわ」
いい加減焦れて来た司は、敬子をベビーベッドの前に連れて行った。
「これだけ言っても、未だ分からないのか。
来い。大介の目を見ろ。お前を信じ切ってる目だ。
目が見えない俺にもよく分かる。
敬子、お前は母親としてこの目に嘘がつけるのか?
敬子、俺は何とかお前を愛そうと努力して来たつもりだ。
お前が正直であってくれなければ、俺もお前を愛せなくなる。
だから頼む、敬子」
司に肩を揺すられ、子供の前に立たされた敬子は、とうとうその場に泣き崩れた。
答えはもう明らかだ。
「やっぱりお前が……」

vlcsnap-2014-06-25-18h29m59s220.jpg

敬子は、司に付き添われて警察に出頭した。
そして、誘拐事件の詳細を洗い浚いぶち撒けた。
刑事に叱責され、敬子は泣いて謝り通した。

vlcsnap-2014-06-25-18h31m47s19.jpg

その頃、薫の親友・久保恵美子(佐倉しおり)は、
預かり知らぬ間に進行する縁談に翻弄されていた。
母・久保小夜子(梶芽衣子)によって仕掛けられたこの縁談は、
相手方も大乗り気であれよあれよという間に進行していた。
その日、恵美子は相手方である椎名夫妻(内田稔、谷口香)の屋敷に招待され、
もう決めてくれとその場で決断を迫られていた。
恵美子は、後一日だけ待って欲しいと何とか返事を先延ばしにした。

vlcsnap-2014-06-25-18h32m05s203.jpg

その晩、恵美子は恋人・磯崎高志(石橋保)に会いに行った。
例によって、高志はカラオケ店で女を侍らせて遊び呆けていた。
意を決して恵美子の父に結婚を申し込んだのに、けんもほろろに退けられた。
それどころか、肝心の恵美子に家を捨てる覚悟がない。
高志にしてみれば、これで腐るなという方が無理な相談だった。
恵美子は何とか高志を捕まえて、懸命に説得した。

「私このままだと婚約させられてしまうの」
「婚約?ああ、あのマサヒコとかいう男とか」
「明日中に返事をしなきゃなんないのよ」
「俺にどうしろって言うんだ?」
「パパとママにもう一度会って欲しいの」
「冗談じゃない。君の御両親にはあそこまで蔑まれたんだ。
この上また頭を下げて恵美子さんを下さいなんて言えるか」
「それでも、そうして欲しいの」
「君も俺のことなど忘れて、とっととそのマサヒコとかいう奴と結婚しろ」
その方が俺もせいせいする。
俺は明日から東北に出張だ。
もし、君が本当に俺を好きなら一緒に来い」
「え?」
「俺に付いて来れるかって訊いてるんだ」
「私……」
「出来ないよな。君に家が捨てられる訳がない。
文句があったらそのお嬢さん面を止めろ!」

高志はそこで押し問答を打ち切ると、
女を連れてホテルに入って行った。
恵美子は、泣きながらその後姿を見送った。

『恵美子はマサヒコと婚約する決心は付かず、高志にも突き放され、
絶望の海を漂っていた』

vlcsnap-2014-06-25-18h33m37s67.jpg

『その翌朝、敬子は釈放された。
警察は敬子が未成年でもあり、子供である大介の将来を慮り、
検察当局と図って起訴猶予とし、事件を不問に付したのである』

司は、釈放された敬子を連れて薫の自宅を訪問した。
そして、頭を下げて詫びを入れた。
「薫、済まん。
今度の事件は俺が敬子への労りが足りないから起きたことだ。許してくれ」
司は、敬子にも謝るよう促した。
ところが、敬子はまたいつものふてぶてしい態度に戻っていた。
「私は詫びるなんて真っ平よ。
薫、あんたあたしに恩を売ったつもりでしょうけど、いい気にならないでよね。
あたしはあんたを今でも呪い続けてるんだから」
こいつは……この期に及んで未だ開き直るか。
とうとう司の堪忍袋の緒が切れた
「敬子、俺にも覚悟があるぞ。俺は、お前と別れる。
俺も辛抱してきたがもう我慢出来ん。敬子、別れてくれ。
気の合わない俺と暮すのはお前だって不幸だ。
大介は俺が引き取って育てる。お互い別れた方が一番いい」
最後通告を突付けても、敬子は全く悪びれる様子はなかった。
「司、あんたあたしと別れて薫と一緒になりたいんでしょ?
だけど、そうはいかないわ。
あたしはどんな事があっても籍は抜かないわよ。
あたしにも覚悟があるってことよ。
あんた達がどんなに好き合ったところで、意地でも結婚なんかさせてやるもんか。
いいわね、薫。司と一緒の墓に入るのはあんたじゃないわよ。このあたしよ!」
言うだけ言うと、敬子は家を飛び出して行った。
司は、暗澹たる気持ちだった。
吸い尽くされる。
一生敬子に蝕まれる。
司は、慰めようとする薫を振り切って家を出て行った。

vlcsnap-2014-06-25-18h35m27s163.jpg

『司は、底無し沼の如き深い絶望に叩き込まれていた。
籍を抜かないという敬子の宣言は、地獄の如き結婚生活が続くことを意味していたからである。
司は、その重苦しい思いに耐え難かった』

やり切れない司は、気が付くと工房の中で大暴れしていた。
作り終えた茶碗を、次から次へと叩き割っていた。
心配になって後を付けてきた薫は、慌てて司を制止した。
物音を聞いて、師匠・長谷川欣吾(高橋昌也)が血相を変えて飛び出して来た。
「何だ、この騒ぎは?
バカモン、陶器に八当りをする奴など弟子とは思わん。
今日限り出て行け!」
やっと司が冷静になると、長谷川は薫に向き直った。
「あんたが水穂薫さんか。
幾ら司を好きかもしれんが、儂は不倫の恋などは好かん」
「不倫?」
「違うとでも言えるのかね?
とにかくあんたさえ居なければ、司は焼き物一筋に打ち込めていたことは確かだ」
「申し訳ありません。でも、私は敬子さんから司さんを奪おうとしたことはありません。
私はいつも心で司さんと一緒に居たいだけなんです。
先生、私に焼き物を教えて下さい」
「何?こんな時に焼き物志願とはな」
「私、もっと司さんの気持ちになりたいんです。喜びも悲しみも共にして」
「あんたの狙いはそれだけではあるまい」
「はい、先生の指導はとても厳しいと聞いています。
私がもしその厳しさに耐え抜けたら、司さんにも焼き物を続けさせてあげて下さい」
「良かろう。少しだけなら教えよう」

vlcsnap-2014-06-25-18h36m42s157.jpg

薫は、長谷川の指示で「土練り」に挑戦した。
「土練り」とは、文字通り台の上で粘土を適度な硬さに練り上げる作業だ。

『薫は、粘土に初めて触れて驚愕していた。
土が全く思い通りに動かないのである。
しかも、コツが分からぬ薫は全体力を振り絞らねばならない。
それは、留置所で体力を消耗していた薫にとって過酷な重労働であった。
1時間、2時間、土練りは際限なく続いていた。
薫は、ただ司に陶芸を続けさせたい。その気力だけで自分を支えていた。
そして、4時間後』

vlcsnap-2014-06-25-18h37m57s144.jpg

フラフラの状態で土練りを続けていた薫が、とうとうその場に倒れ込んだ。
司が助け起こすと、作業を見守っていた長谷川がとうとう折れた。
「薫さん、儂はてっきりあんたが途中で音を上げるものだとばかり思っていた。
だが、よくここ迄頑張った。
儂はどうもあんたの事を誤解していたらしい。
これから儂はあんたの司に対する気持ちを、不倫とも邪念とも思わん。
もし、あんたがそんな気持ちだったら司のために倒れるまで頑張れはしなかっただろうからな」
許しが降りた。
司は破門されずに済む。
薫は玉の汗を吹きながら、安堵感に包まれていた。

vlcsnap-2014-06-25-18h38m12s28.jpg

この日、上野駅のプラットフォームに恵美子の姿があった。
恵美子は、新幹線に乗り込もうとした高志を発見すると呼び掛けながら駆け寄った。
「高志さん。私も行くわ、あなたの出張先まで。私、家を捨てるわ」
驚いた高志が帰るよう言っても、恵美子は構わず胸に飛び込んだ。
「そんな話はもうしないで。お願い、連れてって。高志さん」

vlcsnap-2014-06-25-18h39m11s113.jpg

『望みのない恋。にも関わらず、薫はその恋に命を懸ける決意をしていた。
アリエスの乙女・薫と恵美子の灼熱の恋は、今それぞれに悲しくも激しく燃え上がりつつあったのである』

ドラマ アリエスの乙女たち(第17話) [サンテレビ] 2014年02月05日 15時00分00秒(水曜日)

<百人一首:関連作品>

テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rps1979y.blog.fc2.com/tb.php/71-a6d01c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

rps1979y

Author:rps1979y
※映画・ドラマの粗筋紹介は、
オチまで記してあるので御注意下さい。
管理人への連絡先はこちら

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon検索

楽天検索

楽天で探す
楽天市場

買物履歴

ブログランキング